農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

小瀬菜大根を楽しむ会

d0072903_197947.jpg

11月3日は北仙台の"しん"さんで、小瀬菜大根を楽しむ会が催されたので参加してきました。
小瀬菜大根とは加美町の旧小野田町の小瀬地区でしか栽培されていない伝統野菜で、今では数件しか作っていないそうです。小瀬地区も大字でなく小字だという事なので、かなり小さなな範囲なんだと思います。うちあたりで小字だと10件かそこらだもんな。

これなんとか仙台で紹介できないかなという事で農家さんに行ったら、どうせだから作ってみたら?と言われて、管理栄養士の大河内さん、県庁の山田さん、しんさんで現地に行って、畑に種まきする所からやっているそうです。

こちらが小瀬菜大根。
d0072903_1973145.jpg

大河内さんが説明してくれます。地元では根は食べずに、茎(正確には葉軸)を食べるんだそうです。
シャキシャキする茎を漬物にして食べて、残りは畑に捨てるんだとか。

まずそのまま葉をちぎって生で食べます。
d0072903_19355262.jpg

シャキシャキとしてみずみずしいんですね。
若干甘みもあるかなって感じです。普通の大根と食べ比べてみましたが全然違いますね。

まず茎の部分をしんさんが3通りの切り方で切ったものを出してくれました。
d0072903_19372261.jpg

これが驚き。
切り方で全然味が違うんですよね。繊維を切断するか繊維にそって切るかがポイントみたいです。
繊維にそって切ると甘いんです。
いやぁ料理って奥深いですね。

葉の部分をグレープシードオイルと塩だけで味付けしたものです。
d0072903_19405289.jpg

これだけでも十分美味しいですね。塩がうまい。
以前平間家でもキャベツの千切りにグレープシードオイルと塩コショウを振っただけのものをおかずにご飯食べてた事あったけなぁ。これだけでもかなり美味しいんですよね。

カボチャのサラダと人参のサラダ。これを先ほどの葉でくるんでいただきます。
d0072903_1943346.jpg

カボチャのサラダ美味しかったなぁ。

小瀬菜大根のきんぴら。
d0072903_19451296.jpg

油炒めにしてもイケます。

葉の片面を油で揚げて塩をふったもので、さんまと鶏肉のつみれをくるんだものです(この説明で分かるかな(^_^;))。
d0072903_1946959.jpg

d0072903_19461149.jpg

ちょっと隠し味にケチャップがのってます。
これ美味しかったですねぇ。

次は小瀬菜大根の鍋。
d0072903_205818.jpg

小瀬菜大根は煮てもシャキシャキ感が残っているんですよね。

辛味の強い根をすりおろしたものを薬味としていただきます。
d0072903_2051076.jpg

葉、茎、根とそれぞれの味わい方があります。

農家さんが自分で乾燥させて直売所で売っているというトウガラシも薬味でいただきました。
d0072903_205122.jpg

このトウガラシかなり美味しいです。辛いだけじゃなくてしっかり風味があるんですよね。

締めは茎の漬物をご飯にかけていただきました。
d0072903_2013333.jpg

これが一番オーソドックスな食べ方。
確かにおいしいです。

この漬物はしんさんが会のはじめの方で実演して作ってくれたものです。
d0072903_20143197.jpg

d0072903_2015363.jpg

地元の農家さん直伝の方法です。


今回もいつものように池田さんのコーディネートで日本酒をいただきました。
d0072903_20225762.jpg

簡単に解説を入れながら飲ませてくれます。
今回の"へぇ”は冷酒を飲む時のグラスは舌の真ん中を通るようにできてて(酸味を感じる部分が舌の両端にありそこを通らない)、燗酒を飲む平杯は口を横に広げて飲んで舌全体に行きわたるようにできてるという事。
なるほど器の形にもきちんと根拠があるんですね。
今回は銘柄をお知らせせずに6本のお酒を飲みました。今回の参加者は日本酒に詳しい人ばかりだったので、テーブルで"どれだろう?”という話をお互いにしてました。私はわからないんでサッパリでしたが(^_^;)
私も家族でご飯食べに行ったら、何のハーブ使われているか議論になるので、それと同じかな。


小瀬菜大根の魅力満載の会でしたね。
このシャキシャキ感と味をどううまく利用するかって感じですね。根の辛さとかも面白いし、葉も何かうまく使えそう。現地で茎しか食べていないというのがもったいない気がします。
良い食材なので、もっと知ってもらえると良いですね。
作れる地域が限られていて、他の地域で作ると全然味が違うという事なので、旧小野田町の小瀬地区という地域や背景もセットで伝わると良いなぁ。

それと個人的には今回は塩や味噌、トウガラシのような調味料が印象に残りました。主張しすぎない食材がテーマなぶん調味料の味が余計感じられるのかなぁ。正直塩や味噌をなめてお酒飲んでても全然OKな感じでした。それやり始めるといよいよノンベエになっちゃう気がしますが(^_^;)


詳しくは他の参加者のブログの方がうまく説明されていると思うので、チェックしてみてください。県庁山田さんブログ管理栄養士大河内さんブログ。大河内さんの記事の一番最後の小瀬菜大根に対する想いがつづってあるので、是非読んで欲しいですね。なるほど~ってなります。


今年の文化の日は、午前中はアロマのイベントでハーブの文化に触れて、午後は大根とともに日本酒をいただき、洋と和の文化の両方に触れた日で良い日でした(*^_^*)



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by dnss大河内 at 2010-11-07 09:14 x
先日はご参加ありがとうございました。ブログにお書きくださってありがとうございます。14日に小瀬菜大根試食会を開催しようかなと思っています。会場は私の事務所です
Commented by hiraqT at 2010-11-08 06:25
こちらこそお世話になりました。
残念ですが、14日は予定があって参加できないですね。
また何かありましたらお知らせください(^^)
by hiraqT | 2010-11-06 21:23 | ・食ネタ | Comments(2)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT