農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

宮城大学生さん達の農業体験

6/9、6/10の1泊2日で、宮城大の宮原ゼミの人達が農業体験に来ました。
d0072903_1065940.jpg

新しくゼミに配属されたメンバーの懇親合宿があり、そこでざおうハーブをフィールドに農業体験をしてもらいつつ、農業の現場を知ってもらおうという事で企画しました。

今回はローズマリーの挿し木をしてもらいました。今回の目標は1万本。
d0072903_107345.jpg

みんなもくもくと作業しています。

完成。
d0072903_1111080.jpg

年間3万本くらい作るので、ローズマリーの年間の3分の1くらいはこれで達成です。
みなさん一生懸命やってくれて想像以上に早く終わったので、他の作業もやっていただきました。
溜まってた仕事が進んでホント助かりました(^^)

夕方は他のイベントで来ていた、T⇔MAP、みやぎのこせがれチーム、ざおう森の回廊メンバーとの夕食会に合流。
d0072903_11471440.jpg

当初はハーブを使った料理を自分達で作って食べましょうというお話だったのですが、東京チームのイベントがこの日に入ったので、せっかくだから一緒に食べましょうという事でご一緒しました。
ハーブもたくさん使われいますし、結果的に良い感じになりましたね。なんてったってシェフの料理は美味しいですから。



この後宿であるペンションに送って行きました。

おそらく宿では飲み会でしょうね(^^)



翌日は座学。
d0072903_115675.jpg

ざおうハーブスタッフの平井さんによるざおうハーブの経営事情と取り組みのお話。
経営を教えるという視点ではなく、今までの歴史や事情を踏まえて、どういう取組をしてどのようにしていこうと思っているのか?というお話です。
あくまでざおうハーブではこうですという事例を紹介しています。

平井さんには今回の企画立案から大学側との打ち合わせや実際に現場の監督まで何から何までやっていただきました。もちろん企画段階で私とかなりミーティングを重ねてはいます。
私が語るより入社1年の客観的視点で語ってもらった事でだいぶわかりやすいんですよね(もちろん平井さん自身が持っている資質も大きいんですけど)。

こちらからの説明が終わったあとに、みんなでディスカッションしていただいて、ざおうハーブはこうあったらんじゃないか?みたいな提案をいただきたきました。
d0072903_1255053.jpg

いや~するどい指摘、面白いアイディアがたくさんありました。
参考になる事多かったです。あとはどうやってそれを実現するかだなぁ。うまくスタッフにお願いして実現させていきたいです。

その中で出てきたアイディア。
d0072903_1285547.jpg

ハーブ写真付きのノート。ざおうハーブのHPから写真を印刷してノートに貼って試作してきてくれまいた。
こういうノートは使ってみたいですね。なんかメモするのが楽しくなりそう。
他の人から“カメラ好き女子の為にハーブ撮影会”というアイディアも出てたので、組み合わせて何か実現できないかなぁ。

その後は好きなハーブを選んでもらって、寄せ植え作り。
d0072903_1553779.jpg

各々選んだ理由があるのが面白いですね。料理にしたいから、お茶にしたいから、香りを楽しみたい、花を楽しみたい、色々楽しみたい等々。
講座にして発表会してもらう形式は良いかも。
何回かやるとお客さんが何をしたくてハーブを購入するのかがわかりますね。

お昼は餅つき。
d0072903_15592977.jpg

普通の家庭ではなかなかつかないですからね。
それとうちの場合は毎年20ウス近くついてて、もちつきが生活の中に完全に入っていますから、イベントとかで普段やっていない人がついているのとは違うんですよね。
ホンモノです。


お昼を食べた後はアンケートを書いていただいて解散。
こちらのアンケートもかなりびっしり書いてもらえました。
すごく参考になります。


今まで色んな体験受け入れしてきましたが、一番良かったな~
仕事は一生懸命だし、考え方もしっかりしているし。
楽しくできました(^^)
やっぱ宮城大スゴイですね。


話していて感じたのは、基本的にうちのお客さんは40~50代以上の方が多く、20代の人はまれなんですが、ハーブという素材を使ってアプローチを変える事でそちらに届く事もあるのかなという気がしました。
今まではある程度歳を重ねると興味を持つという認識だったんですけどね。

若くても興味は持っているので、具体的にどうすれば生活の中に入って来るのかというのを、色んな形でもっとわかりやすく見せる事が必要な気がしました。

いつもお話を聞くのはうちに来てくれるお客さんなので、すでにハーブに興味のある人達という条件が入っていて顕在化している需要の部分を知る事はできるわけですが、今回のように別なきっかけで来てもらうとまた違った潜在的な需要を聞く事ができて良いですね。

今回は教えるというよりは教えていただいたって感じでしたね。
すぐに実現できるものとそうでないのはあるので、うまくそれを噛み砕いて形にしていきます。


またうまく絡めるような形が作れると良いなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2012-06-13 16:29 | ・農場ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT