農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 15日 ( 1 )

 昨日量販店の園芸担当の方が農場に来ました。仙台のお店で売れた分だけ納品書上げるような仕組みをやってみてくれませんか?というお話でした。普通は納品されたものは全部買取りなんですが、そこをレジが通った所だけ売上にするという事です。その分最近はこういう仕組みが増えているんだとか。その分お店の取り分は減らすんですが、よく売り場管理できない状態(基本的に素人がやる訳だから)で仕入れてロスを出すよりも、もう生産者の人にあるスペースを任せてしまった方がお互いの取り分が増えるみたいです。
 チェーンストアって同じ物を全店揃えて売るってのが基本なんだろうけれど、チェーンストアどうしが隣り合せで戦うようになっているので、独自色を出して差別化しないといけないんだけど、全店に対応できる業者なんてのはとても限られているし、独自企画を作るのにも在庫のリスクを背負う事になるので、地域地域の店で生産者をみつけてやってくれる所を探す事になるようです。実際は店が忙しくて生産者を探す時間もなかなかなくて苦労しているみたいです。特に東北は生産者が少ないし(東北だけ相手にしてたらなかなかメシが食えないですからね。うちも東北に出荷しているのは全体の3割位じゃないかな?)。植物以外の物も東北は店舗が少ない割にはそれぞれ文化が違っているから品揃えするのが結構大変だという話をしていました。上の方の人は地図みて“この辺”みたいな感じで次々出店するのかもしれませんが現場レベルではそれに対応する為に色々やらなきゃいけない事があって大変だろうな。店が増えるだけ統括する人の仕事は増えるわけだし。どうせ少ない人数でやってなんぼみたいな感じだろうから、そりゃやりきれなくなるよね。
 正直納品したら売上という形が望ましいのですが、少ない店舗であればそういう形にしてもらって企画の実験ができるのは良い機会なので、やってみたいと思います。まぁ向こうの社内でも検討する必要があるみたいなので、まだどうなるか分かりませんが。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-15 08:51 | ・農場ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT