農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

秘密基地

 今日来たお客さんが、うちを目指して来たのにわかりづらくて、なかなかたどり着かなかったとの事。昨日来たお客さんも迷ったらしい。確かにわかりづらい所にあるし、外部からは見えない場所なので、自分でも“秘密基地”と呼んでいます。
 来たい人だけ来てもらえば言いやぁ的な考え方だったのですが、来たい人も辿り着かないというのはちょっと問題だなぁ。どこかに看板作らないといけないかもしれない。あんまりあちこちに看板作るのはでしゃばりな感じで好きじゃないし、看板を建てさせてもらう交渉をして歩くのも面倒なので必要最小限にしていたのですが、来たい人がこれないんじゃ仕方ない。このまま看板を描き続けたらそのうちあの難しいロゴマークも見ないで描けるようになるかも。
d0072903_1635593.jpg

[PR]
by hiraqT | 2006-09-30 16:35 | ・農場ネタ | Comments(0)

商店も大切な隣人

 昨日中小企業家同友会で、結城登美雄さんの講演を聞きました。今失われつつある地域社会についての話でした。沖縄の村社会の話等、まぁ色々と面白い話がありましたが、一番心を打たれたのはスウェーデンのある村の話。
 日本の経済学者かなんかがスウェーデンのある村に行ったら、村の物価が高いという話で村人がぼやいていた。“だったら100km先にある所にあるディスカウントショップでまとめ買いすれば良いでしょ?”という話をその学者さんが言ったら、村人は“そんな事したら村の店が潰れてしまう。そうすると車に乗れない人達が買い物できなくなるし、商店だって大切な隣人なんだ”という言葉が返ってきたそうです。その村の人はそんな気持ちで物価が高いとぼやきながらもその商店で買い物をするのだそうです。
 日本人的感覚から考えると、商品は安く買うのが良い的(当たり前ですが)で、その商品をいくらで買ったかを自慢するような事さえします。それを突き詰めた結果がシャッター通りや田舎の過疎化につながって、仕事を求め故郷を離れて(好きで離れる人もいるでしょうが)生活を送る事になるわけです。金銭的・物質的には豊かになっているのかもしれませんが、その代償に何かを失っている部分はあります。どちらをとるかは個人の生き方の問題ですが、私としては金銭的なものよりもそれ以外の何かを満たす生き方がしたいです。ただそんな事言ってると経営が成り立たなくなる(給料は払わんといかんし借金も返さにゃいかん)から、ガリガリ仕事はしますが何か自分の価値観と経済性を両立できる仕事はないものかと日々考えをめぐらしています。まぁとりあえずはまだ若いから10年後くらいにそんな仕事ができてたら良いな。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-29 06:50 | ・日常ネタ | Comments(0)

蔵王の歴史

 昨日のまちづくり会議で、蔵王のあちこちの小さな名所についての話になって、そこで色々な歴史についての話になり、同級生の友人がやたら蔵王の歴史に詳しくて気持ち悪かった(まぁ歴史オタクなんだけど)。聞いたら“蔵王町史に全部載っているよ”なんて言ってた。そんなの普通読まねぇよと思いつつも、結構面白かったなぁ。意外と普通に住んでいても分かんないけど、それなりにひとつひとつにストーリーがあるもんだ。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-28 07:56 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

暖房費の節減策

 原油高と春先の低温の影響で去年は暖房費が倍(150万→300万)になりました。今年はそれをなんとか減らすつもりです。まずハーブは基本的に寒さに強いので、早めに株を作ってしまって、あとは低温で生育を止めて来春の出荷時期に備える事。あとは太陽熱を利用して暖房の補助を考えようという事でこんな事をやってみました。
d0072903_922029.jpg

 ペットボトルを黒く塗って水を入れて蓄熱して、夜放熱させて少しでもハウス内温度を上げようという事で実験しました。お湯で暖めてるハウスもあるので、同じ理屈だよなと思いまして。ただやってみたら思ったより水温が上がらない(多分40度弱くらい)。普通天気が良いとハウス内のホースに残っている水温は熱湯になります(なので最初に出てくる水を捨てて新しい水が出てくる頃になってから水遣りをする)。その理屈で言うともっと暖かくなっても良いはず。
 考えた挙句ペットボトルは熱伝導率が悪いのだろうという考えに至りました。飲料水を入れる都合上簡単に外気の影響を受けて熱くなったり冷めたりするのは問題だし。ただ、簡単に手に入るもので他に使いやすい物って頭に浮かばないんだよなぁ。ビニール製もしくは金属性で水を簡単に入れられて、タダみたいに手に入るもの...どなたか何かあれば教えてください。まぁペットボトルでもやらないよりはましなのかもしれないけど。別に経費はペンキ代位なものだし。お風呂用に作って追い炊きするのであれば使えるので、時間がある人はやってみてはいかがでしょう。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-27 07:09 | ・農場ネタ | Comments(0)
 昨日第4回目の行革会議がありました。仕事の都合で遅刻して行ったので、会議の流れに乗り損ねてしまいましたが、会議もラスト1回という事でまとめに入っていて住民に説明する方法とかを議論していました。
 まぁ大まかな流れが決まった中で細かい所を議論してもしょうがないなぁと思ったので、意見は言わずにただ人の話を聞いていました。しかも議題は住民に上手に説明するには的な事なので、全然興味がわかない。大事なのは住民に対して何をするかであって、住民からどう思われるかではないよなぁとか思う。でも実際は人というのは言う内容よりも言い方とか態度の方が大事だったりするのだろう。
 物事を成すには多分そういう細かい所がとても大事なんだろうけど、性格的にそういうの嫌いなんだようなぁ。政治家や公務員はそういう所はしっかりしているけど、私みたいな農家には無理。結局一連の行革の会議で出てきたのは節約論ばかりで、根本的な仕組みを変えれるほどの論議にはならなかった気がする。まぁ内部の事知らない人間が言える事なんてたかが知れてるか。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-27 06:42 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

稲刈りの季節です。

d0072903_20283547.jpg

今日の朝ふと稲穂が黄色くなった田園風景が美しく思って、写メ撮りました。蔵王に雲がかかっているのが残念ですが。
 今までいちいちこういう日常の風景に反応しなかったのに、最近ちょっとした事に反応するようになりました。GTの活動の影響かな?単にだんだん歳をとってきて感傷的になっているのかもしれませんが。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-24 20:28 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

飲めなくもないな

ティーハーブとして販売しているワイルドストロベリーは葉をハーブティーにします。健胃作用、下痢の軽減等に効果があるようです。実は今までそのお茶を飲んだことがありませんでした(イチゴの葉なんてうまいわけないだろうと思っていたので)。まぁでもやっぱり一度は飲んどかないといかんよなぁという事で、今日葉をむしってきてお湯を注いで飲んでみたら、別にまずくない。はっきり言ってお湯の味なんで、別に美味しくもないけど。よくも悪くもほとんど味がしないので、胃の調子が悪い人やワイルドストロベリーがはびこって困っているという人は飲んでみたら良いと思います。似たような効能で、ミントやレモングラスも健胃効果があるので、その辺の物とブレンドしてみたら美味しく飲めるハーブティーになると思います
d0072903_17272431.jpg
 
[PR]
by hiraqT | 2006-09-22 17:28 | ・農場ネタ | Comments(0)

有機JASの認定

 有機農産物である事を証明する有機JASマークは認定登録機関という認定する組織から認定を受ける事で付ける事ができます。この方法以外で有機をうたう事はできません。問題はそのコストがかかりすぎる事。
 私がざっくり調べたところ認定取るのに30万円くらいかかって、さらに毎年更新するのに10万円かかる(認定機関によるみたいですが)。このコストを吸収する為には量を作って1個たりにかかるコストを下げないと話にならないのだけれど、有機って手がかかるから簡単には量は作れません。下手すれば認定機関にお金を払う為に有機農産物を作るみたいな話になる。
 さらに有機の認定機関というのはあちこちにあるわけではなく、その認定を取る為にはその人達が現地視察する交通費もこちらで払わないといけません(当然ですが)。そういった問題を解消する為に自治体が自分で認定登録機関になって地場産の有機農産物の認定をして、有機農産物を拡大しようという動きがあるようで、その事が農業新聞に載っていました。

 とても良い事だと思います。数十万のコストは農家には大きいけど、自治体レベルではそれほど大きくないだろうし、農家がたくさん集まる事でそのコストも薄まる。有機の認定をする事で地元農産物の拡大につながる可能性もあるわけだから、農道作ったりするよりよっぽど良いと思います。
 今うちもハーブティーに関して有機JASの認証をとろうかと思っているのですが、認証を取るとお金がかかるんだけど、その分ハーブティーでは稼げてないからまだ無理(認証とれば営業しやすくなるのは事実)。他に色々認証とって売るような物があればやっても良いんだけどなんて考えていたら、自治体でそんな事をやっているとの事。
 蔵王町か宮城県でやってくんないかなぁ。蔵王って自然がきれいとかいうイメージがあるんだから有機ってストーリーとしてつながると思うんだけど。まぁ既存の農家で有機農業やる農家はなかなかいない(簡単にはできないので経営として考えるとリスキー)から、自治体でやっても利用者がいまいち集まらない可能性もあるけど。有機を利用した売り先をどれだけ作れるかがポイントかな。新規で農業始める若い人や異業種から渡ってきた人、退職してちょっと農業やりたい人とかだったら乗っかってくれるかもしんないけど、蔵王にそんな人たくさんいるかな?ストーリーは良いんだけどなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-19 06:32 | ・農場ネタ | Comments(0)

みやぎ蔵王山麓農楽校

 今日はみやぎ蔵王山麓農楽校の第4回目がありました。今日は梨狩りと大根の間引きです。
d0072903_1644854.jpg

 梨はちょっと予定よりも熟れるのが早かったので、農家さんが早いものに関しては収穫した後でしたが、残りの半分くらいを収穫しました。我々の割り当ては梨の木3本でしたが、それで全部で300kg獲れたようです。そうすると一本あたり100kgか。意外と獲れるもんだ。農家のくせにkgいくらで売られているか知らないから、儲かるのかどうかはわかんないけど。まぁ特別儲かるもんでもないんだろうなぁ。
 
d0072903_16534377.jpg

 午後からは大根の間引きをしました。8月に2~3粒ずつ種を播いたもので、その中で1本立派な株を残して小さい物は抜きます。中腰で長い事やっていたので、結構疲れました。
d0072903_1703166.jpg

 上の写真は数日前にとうもろこし畑に来た所をワナにかかった子タヌキです。名前はポンタだそうです。とりあえずとうもろこしを食べさせて育てているそうです。なんだ結局とうもろこしを食べさせるんだなぁなんて思ったら、畑のオーナーが“まぁとうもろこしを育てたいから育てているのであって、別に食べる為に作っているわけじゃないからね”なんて言っていました。優雅で良いな。ゴンギツネならぬゴンダヌキみたいな話にならんかな。
 いやあ結構盛り沢山な内容でスタッフというよりはお客として満足。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-16 17:11 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

セージが咲いてきました

 宿根セージが咲いてきました。だいたい9月に入ると一斉に咲きます。画像はコスミックブルーセージです。
d0072903_2024935.jpg

 個人的にセージって好きなんですが、いまいち売れないんだよなぁ。花が比較的小さくて地味だからかなぁ。まぁ私が個人的に好きなものは大抵マイノリティーなんだけど。
[PR]
by hiraqT | 2006-09-14 20:09 | ・農場ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT