農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

国や民族

 昨日は山の倶楽部でタイロン橋本さんという方のコンサートがあり、午後からそれを聴きに行きました。ジャンルはR&Bでとても力強いボーカルが印象的で、間近でマイクを通さない音を聴いて、プロの発声は全然違うなぁと感心してきました。一番下の弟が部活でなんちゃってバンドやっているから、何か間違って売れたりしないかなぁなって冗談で言っていましたが、そんなの冗談にもならんな。コンサートの内容も良いのですが、タイロンさんが曲の作られたいきさつだとか本人がアメリカに何度も行っていて経験した話をしてくれて、“国や文化、宗教が変わった所で考えている事ややっている事は同じで、人間は人間なんだ。国同士喧嘩してても国民同士は実際に行ってみて話すと争う気もなくなるよ。勝手に上の人達が戦争を始めるんだけど、戦争に行けと言われるのは貧しい人達なんですよね”というのがとても印象的でした。確かにそうだ。
 その夜は別件で、外国人の短期ホームステイを受けた人に誘われて、弟と2人でその家に食事に行きました。ゲストは韓国から来た夫婦で旦那さんは日本の大学で先生をしていて、奥さんは大学院の博士課程の人でした。長い事日本にいるみたいでとても勉強していて(当たり前ですが)日本人よりも日本に詳しく、今の日本の情勢について議論しました。日本人はなぜ将来もらえない年金を払っているのか?だとか、日本の政治の話とか、アメリカ映画日本映画韓国映画におけるアジア人の位置づけから見る民族蔑視だとか、韓国におけるハーブの位置づけとか、まぁ濃い話を途切れずに話していました。正直ここまでまともなディープな話をする事になるとは全然思っていませんでしたが、久々にアツイ話ができて楽しかったです。
 前々から韓国の人に聞きたかった話で、“日本って韓国の人にどう思われているの?”という話を聞いた所、“ニュースで出てくるような国旗燃やしたりする行為はごく一部のグループがやっているだけで、普通の韓国人はそんな感情全然ないよ。むしろ仲良くしたいと思っているし。よく気をつけて見てるとやっている人達はみんな同じ人達だからチェックしてみな。”と言われました。やっぱそんなもんか。
 私はアメリカという国家が嫌いなのですが、意外とアメリカ人に会ってみるとあんな事考えているわけじゃないのかもなぁと思いました。少なくとも日本国家がやっている事が私のして欲しい事と全く同じなわけではないし。実際会って話してみるってとても大事な事ですね。午後に聞いたタイロンさんの話とリンクしてものすごく納得しました。昨日はなんか国や民族について考えるような日でした。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-30 17:09 | ・日常ネタ | Comments(0)

買い物

 今日うちの母が近所のお店(友人)に買い物に行ったら、お店の人が出てこなくてどうしようか?と困っている人がいたらしく、“まぁここは結構出てくるのが遅くて、帰ろうかと思うと出てくるんですよ”と言って、そのお客さんからお金を預かって帰ってもらって、払おうかと思って待っていてもなかなか出てこないので、仕方ないから自分の買うつもりだった物をもって帰ってきたそうです。
 なんかそれって一歩間違えたらドロボーだよなぁ。絶対都会では考えられない感覚。でもそこで盗み放題だといって盗む人間はいないんです。そういった田舎のおおらかなバランス感覚って好きなんですよね。家に鍵をかけない人もたくさんいますし(盗られるようなものを持っていないというのもあるかもしれませんが)。そういう信頼関係がある社会であれば無駄に防犯にお金をかけなくて良いんですよね。本当はそれが一番効率が良い。国がつぶれる原因になるのは大抵が防衛費だという話を聞きます。本来戦争する為の予算なんて人類が生きていくうえで無駄意外の何物でもない。そんな事の為に労力を使わないといけない世の中がとても残念です。仕方のない事ですが。

 ちなみにうちの母は2時間後にもう一度お店に行って清算して来ました。念のため。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-28 18:26 | ・日常ネタ | Comments(0)
 僕の好きな映画に“汚れた血”という映画があります。学生時代に映画好きの友人から教えてもらって観たらすぐに気に入って、当時DVDプレーヤーを持っていなかったのにDVDソフト(VHSソフトは高かった)を買いました。とにかく映像がきれい。光の当て方とか色彩のコントラストが芸術的でどのカットも画になります。女優のジュリエトビノシュとジュリーデルピーもとてもきれいで、一時期ジュリエットビノシュが出てる映画を色々観ました(映画としてはハズレなものも多かったけど)。
 あらすじは現状の生活を脱したいと主人公が、あるきっかけで今の生活を全部捨てて犯罪計画に加わってお金を稼いで新しい生活を始めようともがく話です。終始淡々と話が進んで、しかも主人公の考え方が鬱屈していて大抵の人からすると理解されないかもなぁという話なので、万人向けではないです。うちの兄弟は誰も観ません。
 その映画のシーンで"腹にコンクリートが詰まっているようだ”と言い出して、ラジオから流れてきた音楽(デヴィットボウイのモダンラヴという曲)にあわせて街中を走り出すシーンがあります。このシーンは有名なシーンらしく、友人からも“あのシーン良かったろ?”と言われたのですが、当時の自分には理解できませんでした。でも今ならば腹にコンクリートが詰まっているようなもやもやした感情やいきなり走り出したくなるような感情も理解できます。学生時代の当意はそういった悩ましい事もなく過ごしていたけど、社会人になってなかなかうまくいかない事も多くそういった感情も理解できるようになったんだろうなと思います。
 それを考えると映画ってそれを観た時の精神状態で全然見え方が変わってくるわけで、自分の好きな映画をより理解できるように良かったなぁと思います。そうするともし恋愛している時に観れば、とりあえずヒロインを病気にしておけば感動するでしょう的(あくまで僕の勝手なイメージです)な恋愛映画とかも“感動した!”ってなるのかなぁ。そういう映画を"絶対オススメ!”と言って勧めている自分は想像できないけど(笑)
 
 その話をこの前の飲み会で地元の友人に話したら、飲みすぎて気持ち悪くなった友人が"腹にコンクリートが詰まっているようだよ”と言い出しました。お気に入りのセリフをそんな事を表現するのに使うなよと言ってたら、どうも腹に詰まっていたモノはコンクリートというより生コンだったみたいで、ソレを口からガーガー出していました。おいおいとか言いながら僕もそんな状態に。何やってんだよ...
[PR]
by hiraqT | 2007-09-28 07:46 | ・日常ネタ | Comments(0)
d0072903_1045723.jpg

農場の水遣りに使う水は山から流れてくる水をタンクに貯めて確保しています。それをポンプを使って圧をかけて各ハウスに送っています。夏場の水を使う時期に晴天が続くとタンクが空になる事があります。そんな時は水道水をこの中に入れて水を確保します。そんな事は年に1回か2回くらいなものです。
今年の夏は暑かった割にはタンクが空になる事はなく、今年は大丈夫だったなぁなんて思っていたら、昨日水が出なくなったので見に行ったらタンクが空になっていました。別に雨が降らなかったわけでもないし、そんなに水を使ってないのでおかしいなと思って調べたら、水を入れているパイプに泥が詰まって水が補給されない日が続いていたようです。最近の台風で大雨が降った時に泥が流れてきて詰まったのでしょう。台風も特に被害がなかったなぁなんて思っていたら意外な時期にその"被害”が表面化しました。まぁ水は半日くらいで復旧しましたが、蛇口をひねったら水がでるという事のありがたみを実感した日でした。水遣りしたいときに水が出ないってホントにストレスです。だんだん植物はしおれてくるし。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-26 10:12 | ・農場ネタ | Comments(2)

地味ですけど

d0072903_9484163.jpg

 サルビアのアズレアが咲きました。水色に近いブルーの花がきれいなサルビアです。昨日咲いたので、短日条件の時に咲く花です。植物体の大きさの割に花が小さく目立たないので、一般受けはしなさそうです。ごくまれにこういうものをピンポイントで欲しがる人がいますが。そんな人の為にほんの少し作っています。あんまり派手なものばかりだとくどいので、たまにこういうものを箸休めに植えておくも良いとは思います。私がやると箸休めばかりなってしまってそれはそれで微妙ですが。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-26 10:00 | ・農場ネタ | Comments(0)

草刈り

 農場の草がだいぶ伸びてきたので、できる所から草刈機で草刈りをしていますが、一度伸びきってしまうとなかなか大変で時間がかかります。短い時の倍はかかる。何事も早めにやる事が仕事量を減らす為には大事なんですが、どうもうちは仕事が追いつかずに後手後手に回る事が多い。仕事量のバランスを考える必要があります。
 なかなかうまく刈れないでイライラしていた所で親父がちょっとやったら、とてもうまく刈ります。草刈機を動かす軸がぶれない。こういう仕事させるととても良い仕事するよなぁ。局地戦には強い。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-24 07:39 | ・農場ネタ | Comments(0)

またもや

 またパソコンがいかれました。いい加減にしてくれって感じ。データのバックアップだけはとってあったのが不幸中の幸い。今まで3回も修理に出しているので、さすがに無料修理にはならないだろうし、買い換えるべきかなぁ。大した機能はついてなくても良いから安定したパフォーマンスを発揮して欲しい。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-22 15:08 | ・日常ネタ | Comments(0)

メイドイン蔵王

d0072903_17512211.jpg

 今日の昼に観光協会主催で、蔵王の産品を使ったメニューの試食会がありました。アトリエデリスの佐々木さんとラフォーレ蔵王の尾花さんの指導で、蔵王の食生活改善委員会の方達で作りました。蔵王は里芋の質が良いので里芋を使った料理が多いです。
 来年の宮城デスティネーションキャンペーンをにらんでの事だと思いますが、これをきっかけに蔵王の食材を使った料理が蔵王のあちこちで食べられるようにするつもりだそうです。蔵王は食材が豊富なのに意外とそれが蔵王の飲食店やホテルで出される事が少ないので、いわゆる地産池沼を進めるひとつのきっかけになれば良いなと願っています。まずはこれを来月のグリーンツーリズムネットワーク大会の昼食に出すそうです。
 ここで使われているイタリアンパセリはうちから出したものです。ちょっとしか使いませんが、やっぱりあると違います。佐々木さんから今朝に届けて頂戴という電話があって、せっかくだから食べに来てよと言われて、軽いつもりで行ったら町長初めお偉いさんが来ているしテレビカメラも来てるしで驚きました。こっちは作業着のまま行ったのに。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-18 18:13 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

農業体験ツアー

 農協観光さんで企画している東京から2泊3日で蔵王の田舎を体験するというツアーがあり、その3日目にひらきゅうで農業体験をするという事になりました。当初はスペアミントの挿し木でもしてもらおうと思っていたのですが、親株畑がダメになっていてあまりとれなさそうだったので、変更してイチゴの定植に変えました。
d0072903_17372414.jpg

 ランナーについている子株をポットに定植する作業です。人数は20人位。わざわざ東京からいらっしゃるだけの事はあって、こっちの思ったよりも速いペースで仕事が進んで驚きました。
d0072903_17413377.jpg

大抵こういう農業体験というのはたいして戦力にはならずに、お客さんに楽しんでもらえれば良いや的な事になるのが多いのですが、今回は十分戦力として機能しました。午前中だけ仕事をして、あとお昼は酪農センターさんが用意してくれた芋煮を食べて解散しました。これから皆さんはお風呂に入ってバスで秋葉原まで帰るそうです。お疲れ様です。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-18 17:50 | ・農場ネタ | Comments(2)

意外なキャラ

 ひらきゅうで何年かバイトしていた男の子と昨日飲みました。同じ中学校の2つ年下の子(在学中は面識なし)で、高校卒業した位の時にうちに来て働いていて、大学の在学中も週に数回ペースで出勤していた子で、大学入試のための英語の勉強や大学在学中の問題演習の相談にものっていて、個人的な付き合いもありました。天然が少し入っていて素直で馬鹿正直な事を言う生き方が不器用な子でした。
 この度就職が決まったようで、良かったねぇという話になったのですが、意外に野心家な事に気付いて驚きました。チェーン展開しているホームセンターに働くみたいですが、将来的には頑張って取締役ぐらいになりたいと熱く語っていました。せっかく園芸の会社にいたわけだから園芸部門に入りたいという話をしていましたが、だいたい園芸の植物は売り上げの5%位だよと言ったら、“えっ。そんなもんなんですか?えらい小さいですね。将来を考えると別の部門の方が良いのかな”と失礼な事を言っていました。“園芸部門だって良い仕事をすれば出世するんじゃないの?ナマモノはほっとくと死んでいくわけで難しいから簡単にできる事じゃないから、他の部門の人が途中から手出せるもんじゃないし。”と伝えておきましたが。ちょっと入社前から細かい事を考えすぎな気がする。
 それとやたら私に“そんなに勉強したのにひらきゅうなんかにいて良いんですか?もっと良い所に就職できたんじゃないですか?同級生と比べて悔しくないんですか?”と言われたのが印象的でした。何年も働いておいてちょっとひどい事言うなと思いつつもまぁ彼らしいストレートな言葉です。これと似たような事は色んな人(同級生とか蔵王町の人とか取引先とか)に言われるので聞きなれた話なんですが。まぁ蔵王が好きで農業が好きだった人間がたまたま勉強がそこそこ出来たってだけの話で、そんなに力を入れて語る事でもないと思うんだけど。“勉強できるから頭が良いってわけでもないし、頭が良いんだったらなんとかうまく稼ぐ方法考えるだろうと思うんだよなぁ。稼ぐ方法見つけられないって事はその程度の頭だったって事で良いんじゃないかな。”って話をしてもなんだか納得してもらえませんでした。シンプルでわかりやすい理屈だと思うんだけど。
 もっとのんびりした人間だと思っていたので、社会的地位の重要性を語るなどそのガツガツした出世欲に驚きました。それは別に良いんだけど、あんまり言わない方が良いような事も面と向かって本人に言ってしまうような子なので、そんな要領の悪い子(私も他人の事言えませんが)がうまく出世できるのかなぁとちょっと不安。まぁなんとか頑張って出世してくれて酒でもおごってくれると良いな。
[PR]
by hiraqT | 2007-09-18 16:29 | ・日常ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT