農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

町議会議員選挙

d0072903_2122863.jpg

 19日告示、24日投票で蔵王町の町議会議員選挙があります。前回20だった議席が16になったのですが、それでも立候補者が少なくて無選挙になるんじゃないのか?という流れだったのですが、蓋を開けたら選挙に。どうも告示の日の16時位になって“こりゃ無選挙だ”と思って祝勝会の準備を始めた人がいたらしくその噂を聞いた人が“無選挙ではダメだと”締切5分前位に立候補したらしい。
 選挙にさらされないのは良くないというのはわからんでもないですが、こっちとしては良い迷惑。親父が選挙応援で出かけてしまって仕事をしない。この1か月選挙や産廃絡みでほとんど仕事していないんだよな。少しは仕事の事を考えろよ。町内の事も大事だけど仕事でしくじると身近な人に迷惑かかるんだけど。
 親父が政治活動に熱心な為に私も同じだと思われるみたいで、“(親父が昔やってたから)議員になるんでしょ?”みたいな事をよく言われます(立候補するというデマが流れる事もよくある)が、全然そんな気はないんですよね。地元の事をなんとか良くしたいとは思うけど、まずは自分の仕事をなんとかするのが大事。自分の会社が農業の良い成功事例になったり、これから自分で色々勉強していって学んだ事を地元の産業に還元するという形で地元に貢献するというのが私の目標です。ただしこの形だと教育とか福祉とか行政のすごく大事な部分に関しては何もできないんだよなぁ。そうするとやっぱり仲の良い議員が欲しくなるよなぁ。あれ?そんな事言ってたら、選挙応援している親父と同じ事になっちゃう。いかんいかん。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-21 21:54 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

血色が良い?

 今年から売上の4割位を売っていた会社とつき合わなくなったのですが、その会社と付き合っている農家さんが来ました。私を見てその人が言うには“去年より血色良くなったよね”との事。
 まぁ去年までは売上を維持する為に人を抱えていて、忙しい時は誰に何の仕事をやらせるかで悩んで、オフシーズンはその人達を遊ばせない為にどうやって仕事を作るかって事も悩む。さらにはその会社からは“別にお前の所じゃなくても作れるんだ”という話で圧力がかかる。それでいて自分の給料が取れない(個人の取り分を考えたらアルバイトやっていた方がお金になる)んだから、なんだか何の為に働いているんだかわからない状態でした。
 結局その会社が別の所で生産する事になったので、そこの売上がなくなりました。まぁうちもそこの要求に応えきれていないとは思っていて、いつ切られるかなといつもビクビクしていた部分があって、正直な所切られた事でかえってすっきりしました。“売上なくなって大変だろうからお前個人はそっちで雇っても良い”という話はされたのですが、まぁ自分はそんな期待に応えられるような能力もないだろうし、どっちも大変なら自分のやりたい事やって大変な目にあった方が良いよなと思って、その売上がなくなった中でどう経営していくか?という感じでやっています。
 多分経営に関しては去年より大変な状況ではあるんでしょうけど、自分の中で開き直っているので精神的に穏やかでいられるんでしょう。まぁ従業員が減った事(辞めてもらった人には大変申し訳ないんですが)で仕事の段取りは楽になったし、別の所で仕事をくれる所も出てきたし、世の中自分が思っているほど悪い事だけでもないみたい(良い事だけでもないんですけどね)。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-21 20:50 | Comments(0)

料理講習会

d0072903_19174658.jpg

 今日の午前中に宮児童館で、蔵王の4Hクラブが自分達で作っている食材を持ち寄って料理講習会をしました。クラブ員の中で野菜のソムリエの資格をとった人がいるので、その人の学んだ事を地域に還元してもらおうという事で始まって今回で二回目です。対象者は地元のお母さん達で12組の親子が集まりました(本当はもっと参加希望者がいたのだけれど、多すぎると対応できなくなりそうなので12組で止めたそうです)。牛が生まれてから牛乳をしぼるまでの経過の説明なんかもされて、“へ~そうなんだぁ”と一受講者みたいな形で聞きました。農家であっても自分の作っていない品目の事は知らないものです。
 安心な野菜を生産者の所へ直接買いに来てもらえるように、各生産者の地図と連絡先をお知らせしました。生産者が毎回対応するようになると大変なので、あらかじめ時間を決めてその時間に集まってもらうみたいな感じにしようかという話になっていました。生産者は畑に行っている事が多くて、いつも家のそばにいるわけではないので、なかなか直売しようにも難しかったりするんですが、確かにそれなら対応できるかも。
 こういう活動で地元の野菜を地元の消費者に消費してもらうというのは良い事だと思います。すぐには結果が出ないだろうけど、何回かやっていくうちに定着していけば良いな。まぁ生産者は忙しいので段取りしている人は大変だろうけど。今回もこれの段取りの為に家を空けるものだからちょっと親からちくちく言われていたみたいだし。うちは親が基本的に家を空けて自分ところの仕事をしないような親なので、私が多少抜けても段取りさえつけていれば文句言われないのでそういう点では融通が利きます。でも野菜を作っているわけでも、料理ができるわけでもないから全く役に立たないんだよな~
[PR]
by hiraqT | 2008-02-21 19:41 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

焼酎のハーブティー割

 アトリエデリスでハーブティーを買ってくれる常連さんで焼酎をハーブティーで割って飲んでいる人がいるそうです。翌日調子が良いらしいです。私の知人にも同じような事をしている人がいるので、それってアリなのかもしれません。あんまり焼酎を飲まないのでやった事ないんですが、今度やってみようかなぁ。ちなみにレモンバーベナが良いそうです。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-20 21:01 | ・農場ネタ | Comments(0)

仙南の地場食品フェア

d0072903_20241385.jpg

 今日は県主催のイベントで仙南地域の加工業者の販路を拡大する為に、宿泊・飲食業向けに地場食品フェアが行われました。うちもハーブティーのPRの為に出品しました。仙南だけだしそんなに集まんないだろうけど、まぁ少しでも何人かでも理解してくれる所ができれば良いな位のつもりで出展したのですが、予想以上の人の入りで驚きました。出展者は28社、来場者は150人位集まったようです。
d0072903_20365399.jpg

 とにかくハーブティーを飲んでもらおうという事でハーブティーのみの陳列。よその業者さんは陳列も慣れているようで上手に立体的に並べているんですけど、なんかうちのは平面的でのっぺりしているんですよね。もうちょっと研究しないといけません。ハーブティーはなかなか評判が良く、取り扱っていただけそうな所がいくつかみつかりました。良かった良かった。何も言わなくても色がきれいだとわかってくれる人がいて“よくぞ気づいてくれました”って感じで嬉しかったです。
 出展企業の中にも“こんな事やっている会社があるんだなぁ”と思うような面白い会社が何社かありました。地元であってもメーカーって意外と存在に気付かなかったりするんだよな。店舗とかがあるんだと分かるんだけど。
 今回は初めての試みだそうですが、とても良い機会だったと思います。是非次も企画していただきたい。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-20 20:52 | ・農場ネタ | Comments(0)

国富論に比肩する?

 19世紀の初めに有機農業を生産技術・経営技術の両方の側面から研究していたテーアという人がいて、その人が書いた本なんだそうです。そんな大昔にいわゆる持続可能な農業を研究して確立している人がいたという話を聞いて、それはアツいなぁと思って購入しました。上中下巻があって各12,000円(!)との事。高いなぁと思いつつも古典みたいな物でそれ位の普遍的な価値はあるだろうとつい手を出してしまいました(中巻のみ)。
 このテーアさんの後にリービッヒという人が出てきて、植物の生育に必要な養分を解析して無機養分オンリーでも植物が育つ事を知らしめて、その後無機栄養素を効率よく肥料として与える化学肥料の時代が来るわけです。化学肥料のおかげで農業の効率が良くなって収量が飛躍的に伸びたのですが、逆にそれに頼りすぎる事が土地の疲弊を招いているケースも存在し、さらにその農業は完全に化石燃料に依存する形になります。そこで最近は“持続可能な農業”というのがやたら叫ばれるようになって、昔のような農業というのが見直されてきています。そこでテーアさんにスポットが当たり始めているようです。
d0072903_20295186.jpg

 600ページもある分厚い本です。帯に“アダム・スミスの国富論に比肩する名著”と書いてありました。アダムスミスの国富論と言えば社会で習う有名な書物ですが、テーアの農業論みたいなのは聞いた事がないな。大きく出たなぁ。でもひょっとしたらそれほどの価値があるものなのかもしれない。食糧の確保というのは人類普遍のテーマだし、それを持続的に可能にするヒントがあるのであれば。ただし昔は今ほど人口が多かったわけではないだろうから、事情はだいぶ変わっているだろうな。まぁとりあえず読み物として読んでみてなんか良いヒントが見つかればラッキー位のつもりで読んでみようかと思います。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-18 21:02 | ・農場ネタ | Comments(0)

疲れた...

 4Hクラブという若手農家(農家じゃなくても入れるみたいですが)の集まりがあります。私は蔵王(最近合併して仙南全部になった)の4Hクラブに属しています。昨日は宮城県内の4Hクラブが集まって活動発表会が開かれました。ここ何年か仙南の4Hクラブからは県の集まりに全く参加していなかったのですが、どうも県の方から仙南の農業普及所に“仙南として参加するようにしてくれよ”という話が来たらしく、普及員の人に頼まれて私が行ってきました。
 発表会の内容はプロジェクト発表(実験発表)、クラブ活動発表(クラブの行事の発表)、農村青年の主張だったのですが、第三者として聞いてみるとどう考えても高校生の発表会みたいな話。新しい品種を育ててどうだったとか、ハウスのビニールを変えてどうだったとか言う話はまぁあんまり興味はないけど、少しは役に立つかもしれないなとは思いましたが青年の主張はひどかった。
 青年の主張とかいう題名だけど“結局何が言いたいんじゃい!”感じでした。10人発表して数人は面白いのがありましたが、半分以上は中高生の作文を聞いているよう。就農して数年経ってどう思うかなんて話が多いんだけど、最初は親父に怒られてムカついたけど少しはやれるようになってきてきついけどなんとか頑張りますとかそんな話。それはただの近況報告でしょう。青年の主張とか語るならこれからの夢だとか今の農業の問題点を自分なりにどう考えてこれからどうするとかそんな話をするべきじゃないの?とか思うんだけどなぁ。まだ若いからまずは仕事を覚えるのに精一杯って感じなのかな。まぁでも人前で発表するのって自分の為には良い経験になると思うので、本人の為には有意義な企画だと思います。聞いている方は苦痛ですが。
 あとやたら開会式とか閉会式が長いのよね。4Hクラブの唄(昨日初めて聞いた)の合唱とか来賓の挨拶とか。来賓全員が挨拶せんでも良いでしょう。表彰式も各部門の最優秀賞だけ表彰しておけば良いものを全部やるからまた長くなる...もっとコンパクトにまとめてくれ。

 基本的に4Hクラブって若手の集まりでまだ経営者と言うよりはまだ従業員的立場の人達が多いので、経営がどうとかいうよりは仲良しクラブみたいなものなんですよね(地域によっては真面目な所もあるんでしょうけど)。若いうちに農家どうしの仲間を作る手段や息抜きの手段としては役に立つと思うので、それはそれで良いんです。私も仕事がどうこうというよりは地元の農家を知る為に入っています。
 ただ納得いかないのは、どうせただの仲良しクラブで別に大した共通意識があるわけでもないんだから、仙南から来てないとかイチイチ問題にしないで自由参加で良いだろって話。なんでもかんでも集まれば良いってもんでもないでしょう。わざわざ仕事を放って行かなきゃないのに。こちとら真剣に生活がかかってんだから、中身のない自己満足な全体主義に付き合わさないで欲しいよ。本当に役に立ちそうだなとか楽しそうだなと思ったら参加しますけど、今のところそんな感じしないんだよなぁ。来年は発表してほしいって話になっているから、仙南の県職員の顔を立てる為に(普段お世話になっているので)何かしら発表しなきゃないかなとは思いますけど、つまらん話を聞かされるのはつらいなぁ。発表だけして帰るとかできないかなぁ。憂鬱だ。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-17 09:50 | ・日常ネタ | Comments(0)
 昨日量販店の園芸担当の方が農場に来ました。仙台のお店で売れた分だけ納品書上げるような仕組みをやってみてくれませんか?というお話でした。普通は納品されたものは全部買取りなんですが、そこをレジが通った所だけ売上にするという事です。その分最近はこういう仕組みが増えているんだとか。その分お店の取り分は減らすんですが、よく売り場管理できない状態(基本的に素人がやる訳だから)で仕入れてロスを出すよりも、もう生産者の人にあるスペースを任せてしまった方がお互いの取り分が増えるみたいです。
 チェーンストアって同じ物を全店揃えて売るってのが基本なんだろうけれど、チェーンストアどうしが隣り合せで戦うようになっているので、独自色を出して差別化しないといけないんだけど、全店に対応できる業者なんてのはとても限られているし、独自企画を作るのにも在庫のリスクを背負う事になるので、地域地域の店で生産者をみつけてやってくれる所を探す事になるようです。実際は店が忙しくて生産者を探す時間もなかなかなくて苦労しているみたいです。特に東北は生産者が少ないし(東北だけ相手にしてたらなかなかメシが食えないですからね。うちも東北に出荷しているのは全体の3割位じゃないかな?)。植物以外の物も東北は店舗が少ない割にはそれぞれ文化が違っているから品揃えするのが結構大変だという話をしていました。上の方の人は地図みて“この辺”みたいな感じで次々出店するのかもしれませんが現場レベルではそれに対応する為に色々やらなきゃいけない事があって大変だろうな。店が増えるだけ統括する人の仕事は増えるわけだし。どうせ少ない人数でやってなんぼみたいな感じだろうから、そりゃやりきれなくなるよね。
 正直納品したら売上という形が望ましいのですが、少ない店舗であればそういう形にしてもらって企画の実験ができるのは良い機会なので、やってみたいと思います。まぁ向こうの社内でも検討する必要があるみたいなので、まだどうなるか分かりませんが。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-15 08:51 | ・農場ネタ | Comments(0)

2か月経過

ダイエット始めて2か月が経過しました。
d0072903_715030.jpg

だいたい8キロ位落ちました。一番痩せてた頃が58キロだったので、その頃から比べるとまだプラス20キロあります。子ども一人背負って生きているようなものだな。そりゃ体が動かないわけだわ。58は無理でも63位までは落としたいので、あと15キロ位。先は長い...
まぁ最近はイベントがない限りお酒を飲む気もなくなったし、じゃがりこをやたら食べたくなる事もなくなっし、米を食べないのにも慣れてきたから、こんな精神状態が続けばうまくいくんだけどなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-14 07:29 | ・日常ネタ | Comments(0)

もったいないなぁ

d0072903_735762.jpg

仙台の国分町にあるラーメン国技場が閉鎖するという話を聞きました。飲食街みたいになるんだとか。行けるうちに行っとかんとなと思って、一昨日の懇親会の後に行ってきました。
色々なラーメン屋さんがあって良いんですけど、入れ替えがあるんで前行った時美味しかったからなぁと思って行ったらもうなくなっているとかいうのがあるのがちょっとつらいのと、駅から遠すぎる事が難点でした。蔵王町民としては基本的に国分町で飲む事はないからなぁ、駅から遠いから。駅に近ければ何かのついでに行けるんだけど。
美味しいラーメン屋さんが多かったので残念です。まぁでも行っても人が入っていない感じだったからラーメン屋さんからしたらしんどかったのかもなぁとか思うので、仕方ないのでしょう。次の施設に期待する事にします。
[PR]
by hiraqT | 2008-02-14 07:00 | ・日常ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT