農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

d0072903_107481.jpg

5/27にカインズホームの仙台港店がオープンしました。仙台新港のそばで、アウトレットモールの向かい側になります。5/27はハーブティーの試飲会があったので、店頭に行ってレモンバーベナのハーブティーをコツコツ出して飲んでいただきました。
日用品がだいぶ安い価格で売っているんだと思う(チラシを見ても私には相場がわからない)んですが、来店者数がものすごい事になっていて、みんなカートにティッシュや缶ジュースを山積みにしていました。レジが混雑して行列になるほど。通路も人でいっぱい。
ハーブティーの方も4時間で400杯位飲ませました。1分1人です。忙しかったなぁ。こういう時は忙しい方が良い。暇な時って手持ち無沙汰でかなわん。
新店特需で毎日のように納品があって先週はバタバタしていました。データがないから予想がつかないんですよね。
かなり大きな店だしあの辺って意外と店が少ないから、かなり売る店になるんじゃないかな?まぁうちとしては売れる店が増える事が良い事です。配達する店舗数は多い方が良いし。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-31 10:18 | ・農場ネタ | Comments(0)
田子を抜けた後は二戸ICから高速に乗り、岩手まで南下して滝沢IC付近のガーデンプランツ工藤さんに寄って来ました。
d0072903_9504132.jpg

生産直売をしているお店で、様々な宿根草が置いてあります。セージなんかはうちからも出荷しています。
以前行った時よりも宿根草のラインナップが増えた気がする。行く時期によるのかもしれません。売りきれ御免の世界だと思うので。
d0072903_9501772.jpg

ガーデンも相変わらずきれいにしています。
d0072903_9522799.jpg

ロンギカウリスタイムのカーペットです。見事。

以前まではいろんな宿根草があって楽しく買い物といった感じだったのですが、今度は自分も作り始めたので、良い物を見るとこの品種の種はどこで手に入るかな?とかこれは栄養系なのかな?とかなんか不純な考えが頭をよぎるようになって、純粋には楽しめない。プラベートモードと仕事モードで思考回路がだいぶ違ってくるのですが、どうも仕事モードの思考回路になってしまう。趣味の部分を仕事にすると仕事は楽しくなるけど、趣味としての楽しみはちょっと減るのかもな。頭の中のバランスを取るのが難しい。



その後は高速で蔵王に帰って来ました。着いたのは20:30位。
竜飛岬を出発したのが4:30。その間かなりの数のポイントを回りました。車を使ったオリエンテーリングですね。各ポイントの滞在時間はものすごく短い。多分30分以上いたポイントがなかったんじゃないかな?ご飯食べる時もぱっぱと食べて“さぁ行くか”みたいな感じだし。こんな旅を企画したらお客からは大ブーイングだろうな。時間がないから仕方ないんですけど。八甲田山のあたりはもう一度時間をかけて行きたいですね。今まであんまり知らなかったけど良い所です。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-30 10:12 | ・旅ネタ | Comments(0)
d0072903_7173050.jpg

十和田湖を抜けて東へ向かって田子町に行きました。ここはニンニクの生産量日本一の町。
d0072903_7184212.jpg

ガーリックセンターなるものがあるらしいので、食事をとる為に寄りました。入口には手作り感たっぷりのにんにくのオブジェ。にんにくって結構可愛いかも。
にんにくラーメンなるものとにんにくカレーがあったので、両方ともミニで頼んでみました。
d0072903_7215260.jpg

にんにくが練りこんでいるラーメンらしいのです。普通に美味しいラーメンではありましたが、にんにくの風味はそんなに感じなかったな。もうちょっと強くても良いのでは?
d0072903_724128.jpg

にんにくカレーはにんにくが丸ごと入ったカレー。これは美味しかった。フルーティーな風味とにんにくが良く合います。

物産館に寄ってみるとにんにくを使った加工品がたくさん。確かににんにくって主役ではないけれど、脇役であるがゆえにどんなものにも顔を出せるんだよな。これってハーブにも言える事です(まぁにんにくもハーブの一部ですが)。
私も自分の所のハーブを使った色んな加工品を作って集めて販売するというイメージを持っているので、具体的に形になっているのをみてちょっと嬉しくなりました。
私の場合は加工するにもノウハウも施設もないので、異業種の企業と組んで商品化するという形をとりたいと思っていますが、こればかしは良い出会いが必要なので、なかなか簡単には進まないので気長にやるつもりです。ハーブが入っているだけで質の良くない加工品なんか作っても意味ないから(そんなもんよそにいくらでもある)。ある程度想いを共有できる人に会えないとね。中途半端なもの作るならやらん方が良い。

帰りにはしっかりニオイ消しをくれました。なかなか細かな気配りができてて好印象。店員さんのかんじも良いし、なんか田子町良いなと思って帰って来ました。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-30 07:45 | ・旅ネタ | Comments(0)

青森の旅⑨~十和田湖

d0072903_7294638.jpg

その後は十和田へ。スワンボートってどこにでもあるんだな。なんかもうちょっと雰囲気の良いボートってないもんだろうか?
d0072903_7303232.jpg

十和田湖のシンボル乙女の像です。これ何か言われがあるのかなと思ったら高村光太郎が寄贈したもので、特別伝説に由来しているわけではないようです。
まぁ伝説に由来しているからといって金ぴかのたつこ像がある田沢湖(湖自体はとってもきれいで好き)よりはずっと品が良いな。

d0072903_7364616.jpg

水が本当に透明できれい。

d0072903_7371866.jpg

八甲田山とのコラボ。

良い風景だなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-29 07:38 | ・旅ネタ | Comments(0)
その後は青森市内を南下して八甲田山に向かいました。
d0072903_011299.jpg

八甲田山と言えば日本軍の雪中訓練中の集団遭難で有名。映画もあったはず。
d0072903_025092.jpg

遭難の地ではものすごく立派な銅像が立っていました。遭難した人をそこまで一生懸命アピールするのもどうかとも思うんけど。あの世で“ほっといてくれ”って思っているんじゃないかなぁ。

その後途中の酸ケ湯温泉によりました。ここがレトロでとっても良い感じ。
d0072903_08413.jpg
d0072903_082828.jpg

千と千尋の神隠しの世界です。
混浴と男湯がありますという事なので普通に男湯に行きましたが、なんだかとても小さな風呂であれ?って感じ。
お湯は強い硫黄のにおいがする乳白色の体にまとわりつくような感じのお湯。湯加減がちょうどよくてとても気持ち良かったです。
帰りに写真でみたら混浴の風呂がものすごく立派である事に気づきました。どうもここは混浴のお風呂がとても立派でウリらしい。だったら混浴である事をおすんじゃなくて大浴場である事をおしてくれよな。普通に2択だったら男湯選ぶだろ。次は混浴に入る事にしよう。

八甲田山から南に十和田湖方面に抜ける途中の道が素晴らしかった。
d0072903_0272611.jpg

木々の新緑の葉がとても美しくて大感動です。こんな道がずうっと続きます。八甲田山って遭難のイメージでしたが、今までご無礼なイメージを持っていてすみませんでしたって感じです。

降り切ったあたりは奥入瀬渓流があってこれもまた素晴らしい。ちょっと混雑していて写真撮るのを忘れてしまったのが悔やまれます。麓に一泊して渓流沿いを歩いたら気持ち良いだろうなぁ。
今度はゆっくり行きたい。本当に素晴らしい。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-29 00:34 | ・旅ネタ | Comments(0)
国道4号線は東北の縦のラインを結ぶ東北人にとってはとても重要な国道です。困ったら4号線に出ればなんとかなる感じ。4号線は東京と青森を結んでいるので、東北人としては“4号線の終わりってどこなのよ?”と気になります。
d0072903_23305460.jpg

そこで青森市内をうろちょろしてどうもここらしいという交差点をチェックしました。青森から西に行く7号線とつながっていてつなぎめが良くわからなくて、地図を見て確認しました。私が止まっている信号の先の交差点がそうらしいです。
なんかとてもわかりづらい。“4号線はここから”みたいな看板や柱が大々的に立っていてもよさそうなのですが。私に言わせればなんであんな重要な国道がこんなにひっそりと始まるんだ?って感じですよ。

ひょっとして私が4号線を過大評価しているだけなのかな?
[PR]
by hiraqT | 2009-05-28 23:33 | ・旅ネタ | Comments(0)
コンサートが終わった後にどこに行こうか話しあった時に、まず真っ先に浮かんだのが“青森と言ったら羽柴さん”でした。すごくお金を持っていて自宅に城を作って、あちこちの選挙に出ている人です。
そんな人が青森にいるらしいという話だけは知っていて、どんな所か見てみたいとは思っていたので、そこが浮かびました。そこがどうも御所川原のあたりにあるらしいという所から、西側ルートを歩く事になったのです。奇しくも太宰治のふるさとと同じ金木町だった。実は私たち的には太宰治よりも優先度が高いスポットでした。

青森市内のネットカフェで調べたら旅館をやっていて日帰り温泉があるらしいという事なので、風呂に入りがてらそのお城が見れればと思って行きました。

d0072903_23122460.jpg

そしたら残念な事に工事中で入れませんでした。残念。
ちなみにこれは国会議事堂を模した旅館の施設なんだそうです(ネット情報)。


d0072903_23134058.jpg

でも城を見る事は出来たのでそれは良しとしますかね。


d0072903_231802.jpg

門はこんな感じ。工事中ならばまずここに掲示しておかないといかん気がする。門に小田川藩帝国って書いてあるのがちょっと気になりました。藩で帝国っておかしくないか?小田川藩というのが一つの名詞だと思えば良いのかな。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-28 23:20 | ・旅ネタ | Comments(0)
その後南下して太宰治のふるさとである金木町に到着。
行ってみると太宰一色です。
d0072903_713638.jpg

喫茶店が“ラ・メロス”なんて名前だったり、太宰らうめんなるものがあったり。太宰らうめんって何が入っているんだ?
d0072903_726557.jpg

太宰グッズで100アイテム揃えているというのもすごいね。やっぱ生まれてすみませんTシャツとかなんだろうか?ちょっと欲しいな。開いていなかったのが残念。
d0072903_744085.jpg

走れメロスマラソン大会というものも開催されるようです。これはとても良いセンスだ。見た瞬間二人とも“なるほど!”と声を出しました。この大会がどういう内容かはわかりませんが、走れメロス的には参加者はゴール地点に人質を置いておいて完走できなければ人質が罰ゲームを受けるようなルールがあると面白いな。やってくんないかな。

d0072903_7124938.jpg

太宰の生家は斜陽館という名前で資料館になっているようです。早朝だったので中には入れませんでしたが。地元の名家の生まれだという話は聞いていましたが、これはすごい。あの時代でこの家って、よっぽどだな。
斜陽館という名前はちょっと縁起悪そうだけどなぁ。代表作だしわかり安いんですが、なんかねぇ。

これでもかって言うくらい太宰に特化していて、すがすがしい位でした。まぁ確かに太宰と同郷だったら自慢したくなるよな。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-28 07:42 | ・旅ネタ | Comments(0)
竜飛岬から西側の海沿いを走って南下。
途中完全に霧になって何も見えず、本当は良いドライブコースなんだろうが、前日は真っ暗で何も見えず、翌日は霧で何も見えずで、海沿い走りながらまったく海が見えないなんていう奇跡が起こるのでは?と心配しながら走っていたらようやく霧が晴れてきました。
d0072903_6223182.jpg

なかなか良い景色です。

その後十三湖に寄りました。
d0072903_6254725.jpg

結構大きい湖で地図では見かけていたのですが、まぁフツーに水がいっぱいあるなぁ位の印象。しじみが特産らしくシジミラーメンという看板がありました。それって一歩間違うと味噌汁になってしまうのでは?食べていないのでなんとも言えませんが。

十三湖を地図で見て“これなんて読むんだろうねぇ”という話をしたら、“じゅうさんこじゃない?”と言われ、“そんな安易な読み方じゃないんじゃないの?”とか言ってたら安易に“じゅうさんこ”という読み方でした。どうも他に十二湖というのもあるらしいので、実は単に漢数字をふっただけなのかも。
そういえば青森には八戸や二戸という地名もあるな。誰が付けたが知らんけど“めんどくさいから漢数字で良くない?”というノリの人が多いのかな。
それを考えると子供の名前とかも一郎二郎三郎みたいな名前が多かったりして。県民一人あたりの漢数字名前の割合(イチロー率)を県別に統計を取ってみて調べたら青森が多かったりしてね。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-28 06:40 | ・旅ネタ | Comments(0)
竜飛岬で海を眺めながら酒を飲む為にコンビニで酒を買いこんで、海沿いの国道を北上。着くまでおあずけです。出発は21時頃。
道路の脇には民家が結構あるんですが、人っ子一人歩いていない。途中タヌキに3回遭遇しましたが。海沿いの道で多分眺めの良い道なんでしょうが、夜で真っ暗なので海なんか全然見えない。真っ暗な道をひた走って2時間弱で到着。

辿りついたのは良いけれど暗くてまったく海なんか見えない。考えてみれば当たり前の事ですが。
しかも風が強く寒いので、車(ハイエース)の荷台で酒を酌み交わす。“これって物理的には自宅でやっても同じなんでは...”と思いつつも、“自分は今本州の北端にいるんだ”と脳内で補完。

夜は微妙でも朝はなんとかなるだろうと言う事で、朝日をおがむ為にすぐに就寝。車中泊を見越して毛布を持参していたので、ハイエースの荷台に段ボールを敷いて毛布をかけて寝ました。普通に寝れます。

朝日を見る為に翌朝は4時前に起床。まだ夜が明けていないので、とりあえず灯台をチェック。
d0072903_214575.jpg

灯台って初めて見たかも。

4時半位になってだいぶ明るくなって来たのですが、全然朝日を見る事が出来ない。
d0072903_21471230.jpg

どうも霧が出て朝日が見れないみたい。多分赤いもやっとした部分が朝日なんでしょう。まぁ仕方ないか。

津軽海峡冬景色の石碑がありました。
d0072903_21541558.jpg

とても有名な歌だし石碑ぐらいできてもおかしくないか。
その石碑になんか赤いボタンのようなものが付いています。

d0072903_2156107.jpg

“なんだこれ?”と友人が押してみたら、“ちゃ~ん、ちゃららら~ん”とイントロが入って津軽海峡冬景色が大音量で流れ初めました。朝4時半にいきなり大音量の演歌です。めっちゃ驚いた。なんとも近所迷惑な。さすばに居づらくなってスゴスゴ帰りました。

でもこれ普通は歌が流れますとか書いたりするよね。何のスイッチかわからないのにとりあえず押してしまう僕らもどうかと思いますが。

しかも1番だけでなく全部やるんだよね。長いよ。
[PR]
by hiraqT | 2009-05-26 22:09 | ・旅ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT