農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日は隣町の白石市に三遊亭楽太郎が来る寄席があったので、我が家のお笑い好き3人衆(私、弟、母)で見に行ってきました。
とても良い内容でした。楽太郎さんすごいです。枕にセンスを感じます。本編始まるまでに結構長い事話してましたが、時事ネタが入って内容が濃いんですが所々に笑いを入れて、それがテンポ良くとんとん進みます。笑点ではこれは見れないもんな。
前座の人達も面白かったです。落語の内容うんぬん以上に会場の空気を掴む技術に感心します。大したもんです。どうやったら身につくのかなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-31 09:41 | ・日常ネタ | Comments(0)

喜多方研修旅行④酒蔵

せっかくだから少し観光でもしようかという事で、喜多方の町なかを軽く案内していただき、江戸時代からやっている酒蔵の大和川さんという所に行きました。
喜多方は美味しいお米がとれて(夏の気温が高く寒暖の差が大きい)、水が美味しいという事で酒蔵がたくさんあるそうです。
d0072903_9315732.jpg

見学できるようになっていて、歴史を感じられる良い雰囲気です。お酒のできる行程や昔の道具なんかが展示されていて、ちょっとした博物館のようでした。
d0072903_9322337.jpg

蔵の中に音楽ホールがありました。オシャレですね。こんな雰囲気の所でコンサートなんかやったら良いだろうなぁ。
d0072903_9324348.jpg

日本酒のシャンパンというキャッチフレーズのついたお酒を買ってきました。甘くてちょっと炭酸が入っているようなピリッとした感触が確かにシャンパンっぽい。日本酒党には邪道とか言われちゃうかなと思いますが、美味しいです。私以上に母がガブガブ飲んでしまいました。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-30 09:40 | ・旅ネタ | Comments(0)
体験はしみもち作り。
しみもちとはモチを乾燥させて作るもので、揚げて食べたりするそうです。なんかこっちの方でも四角いモチを干してたりするけど、あれと似たような物なのかな。

ただこのおもちは100%モチ米ではなくて、うるち米を混ぜるんだそうです。モチ米100%だと乾燥した時にものすごく固くなるから、うるちを混ぜて柔らかくするんだとか。

d0072903_9102033.jpg

乾燥させるおモチは紙で巻きます。これは急激に乾燥させて割れるのを防ぐ為なんだそうです。紙は少年ジャンプ。新聞紙より良いって事でした(インクがつきづらいからだったけかな、うろ覚え)。

モチはつくのではなく炊いたお米をこねて作るんだそうです。
しかもそれを雨どいに流しこんで作るんだそうです。確かになんで半円型なんだろうと思いました。
d0072903_9124820.jpg

これがその雨どい。これに流し込んで外に数日置いて凍らせたものを干すんだそうです。

d0072903_9174356.jpg

紐で縛って完成。なかなか苦戦しました。

d0072903_9182543.jpg

みんなで記念撮影。みんな初対面の人達でしたが、わきあいあいと楽しくできました。


出来上がるのが3月下旬位だから、その頃来てねと言われましたが、繁忙期だから無理だろうなぁ。アスパラを作っていて、それが自慢の逸品という事なので、アスパラが採れる頃に遊びに行くのが良いかなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-30 09:20 | ・旅ネタ | Comments(0)
宿泊先は農家民泊をやっている蔵の宿さん。
d0072903_23263133.jpg

自宅の蔵を改修して宿泊部屋にしています。
d0072903_23395287.jpg

中に入ると普通のアパートの部屋のよう。
なんか自然体な気遣いのおもてなしで、親戚の家にでも泊りに来たような感じを受けます。
料理は品数豊富でちょっと驚きました。素材は野菜中心の家庭料理で、結構手が込んでいます。宿泊費がだいぶ安いので、こんなにしてもらって大丈夫なのか?と勝手に心配してみたりして。
夜はご主人と酒を飲みながらお話をしていました。ひょうひょうとした独特の味のあるオジサンでとても楽しかったです。

農家民泊と言ったら、都会の人が勝手に想像していそうな囲炉裏のあるような古い家で、いかにもな田舎料理でみたいなイメージでいたのですが、本当に普段の農家さんの生活体験でした。これならやれなくもないも。
しかも同じ田舎の人間でも土地が違うと色々生活のスタイルや食べ物が違ったりするんですよね。
田舎の人間でも十分楽しめる。
あとはなんと言ってもその土地の人とのふれあいが一番ですかね。どこに行くかというより、誰と会うかという感じで、受け入れてくれるあたたかい人との出会いが何より大きい。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-29 23:51 | ・旅ネタ | Comments(0)
喜多方に行ってまず蕎麦をご馳走になりました。
喜多方はラーメンのイメージが強いですが、実は蕎麦の産地でもあるそうです。この地区は雄国という地域で最近喜多方市と合併したそうです。
d0072903_2219305.jpg

廃校になった分校を利用して蕎麦打ちをする施設になっています。
d0072903_22195062.jpg

給食室みたい。
d0072903_2220813.jpg

蕎麦は地元の蕎麦打ち名人の方が売ってくれた蕎麦です。この地区の人達は皆で蕎麦打ちを晩今日していて、色んな人の蕎麦打ち段位(蕎麦打ち4段とか)の賞状がはってありました。蕎麦打ちって段があったのね。初めて知った。
d0072903_2220247.jpg

こちらの地方の汁料理(こづるだったかこづゆだったか忘れた)です。とても小さい器に盛られて来たのでえっ?て思いましたが、これは寒くてすぐ汁がぬるくなるから、小さい器に盛って、なんどもおかわりしてもらって暖かい物を食べてもらう為なんだそうです。同じテーブルの人に聞いたらロシアもそんな感じなんだそうです。寒い所に住む人の知恵です。
ただ私は気が弱いからあんまり“おかわり”とかできないんだよなぁ(笑)

雪で見通しが悪くてあまり風景は見れなかったのですが、なかなか良い所っぽいんですよねぇ。天気の良い日に行ってみたいなぁ。夜景のきれいな“恋人坂”というスポットもあるそうです。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-29 22:36 | ・旅ネタ | Comments(0)

研修旅行で喜多方へ

d0072903_11234926.jpg

今日から1泊2日で喜多方に研修旅行に行きます。
以前話題にした子ども農山漁村交流プロジェクトのからみで、小学校の体験旅行を受け入れている先進地という事で、実際に民泊している所に泊って、体験も経験してきます。
蔵王では受け入れに関してはまだ検討中の段階なのですが、プロジェクトどうこうはともかくとして、体験の受け入れに関しての話は本業に活かせるんじゃないかなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-28 11:23 | Comments(0)

冬場のハニーサックル

d0072903_2159567.jpg

売り場の入り口に植えてあるハニーサックルですが、今の時期は葉が落ちてとてもさみしい状態。
d0072903_22026.jpg

一見枯れ木のようですが、よく見ると節々に新芽がついています。ちょっとピントがずれていて見づらいですが、赤っぽい葉がその芽です。
暖かくなるとその新芽が伸びて来て、6月頃になればきれいな花を付けます(花の様子)。

今のうちに少し邪魔な枝を切って剪定しておくと良いかなぁ。去年も結構頭でっかちな感じになってバランス悪くなっちゃったので。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-27 22:05 | ・農場ネタ | Comments(0)
昨日は蔵王山麓グリーンツーリズム交流会の新年会でした。
去年から新年会は料理教室になっています。男性陣が料理して、普段食事を作ってくれている女性陣を感謝するという事で、奥さんや女性会員の方を招待します。

まずはアトリエデリスのシェフの指導の元、オジサン達が頑張って料理作り。
d0072903_21245971.jpg

私はこれで2日連続で料理教室。

d0072903_21263572.jpg

鶏肉を使ったつくね風のハンバーグ、春巻き、付け合わせにジャガイモとニンジンとホウレンソウの炒め物。

d0072903_21292588.jpg

カキご飯。端っこで切れているのがカスピ海ヨーグルト。メンバーの佐久間さん宅の牛乳を使って作ったヨーグルトです。

d0072903_21311474.jpg

蔵王産の野菜をふんだんに使った鍋が汁ものとしてつきました。

とてもボリューム満点な内容でした。2時間半位で大勢でワイワイ言いながら作業してたら、いつの間にか出来てた感じです。
慣れない感じであぁだこうだ言って作る感じがいつもの料理教室とも違った雰囲気で楽しかったです。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-27 21:35 | ・蔵王ネタ | Comments(0)
昨日はアトリエデリスの料理教室。
今回は鱈を使ったグラタンと、チョコとバナナのムース。

今うちの農場でタネイモの出荷をしていてジャガイモに囲まれた生活をしているので、せっかくだから色んな品種のジャガイモを試食してみましょうという事で、少しずついただいて14種のジャガイモをシンプルにオーブンで焼いてみて、試食会をしました。
d0072903_10512774.jpg

品種によってこんなに違うのかと思います。
あんまりありすぎて覚えられなかった(笑)メモしておけば良かったぁ。私の感想ではただ食べるのならアンデスレッドという品種が美味しかったかなぁ。ちょっと甘めの品種。
皆さんの評判が良かったのはインカのめざめ。ねっとり系でとても甘く、サツマイモに近い感じです。私からすると甘すぎかなぁ。
多分各々合う料理があるんだろうなぁと思います。シェフがこれとこれ混ぜるとコロッケに良いかなぁという話をしていました。なるほどブレンドという考え方もアリですね。
今度自分でふかしてみてメモとってみよう。
どうせならみんな作ってみて、それぞれマッチする料理でジャガイモフルコースにしてしまうのも面白いかなぁ。腹にたまりそうではありますが...

d0072903_10584023.jpg

鱈のグラタン。牛乳を使って素材(玉ねぎやニンニク、鱈)を煮込んで潰し、牛乳とバターを加えた軽く火を通したマッシュポテト乗せ、最後にチーズを載せてオーブンで焼きます。
これがさっぱりしていて食べやすい。考えてみるとホワイトソースを使っていないんですね。
フランスの家庭料理で向こうではよく食べるという話を聞きました。ちょっと鱈の骨を抜く作業がメンドクサイけど他は簡単ですし、なんだかこれだったら冷蔵庫の残り物をぶち込んで在庫調整するのにも使えそう。

d0072903_115368.jpg

チョコとバナナのムース。バナナの風味が効いている分スッキリしています。食べやすくてついパクパク食べてしまいそうなデザートです。別腹の対象になりそう。


前菜にたくさんジャガイモを食べたので、かなりボリュームのある内容でした。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-26 11:09 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

冬の内職

d0072903_15411175.jpg

冬の内職に、家庭園芸で植える為のジャガイモの種イモの出荷作業を請け負ってやっています。
園芸業界ではなかなかこの時期に売上がなくて仕事がないので、オフシーズンを埋めるのにはちょうど良い仕事です(単価は厳しいですけど(笑))。
この冬は100t以上のジャガイモを受け取って、それを1kg袋、3kg袋、5kg袋に詰め替えてホームセンター各店舗に出荷します。
うちは生産能力以上に出荷能力に特色がありまして、宅配便流通に載るようなものであればこんな物流の下請け作業なんかもこなします。

ジャガイモがずらりと積み上げられている様子はなかなか壮観です。出荷元の光景なんてものすごいスケールだろうなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-01-25 15:48 | ・農場ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT