農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

床暖式のハウス暖房

ハウスの暖房にお湯を使った循環式の床暖をつかっているハウスがあります。
d0072903_9383745.jpg

ハウスに鉄管がはり巡らされていて、その中にお湯が入っていて、それを循環させる仕組みです。気温が下がるとスイッチが入ってボイラーがお湯をを沸かして、鉄管の中をお湯が動いて循環します。

基本的に温風式の暖房機を使っているのですが、それよりずっと暖房効率が良いので、重宝しています。
ただこれ鉄管をつなぐ作業が手間で、そのハウスを作るのが大変なんですよね。このハウスの仕組は大昔に親父がこつこつ鉄管をホースでつないでその仕組みを作ったものです。


最近そのボイラーが調子悪くて不着火を繰り返すので、なんかおかしいよねという事で親父がスイッチをいじっていたら“ボンッ!!”と音がして黒煙が巻きあがり、親父が真っ黒になりました。
もともと髪の毛がボサボサだったので、ホント漫画の“実験室で爆発した”みたいな光景で、それ見てて大爆笑しました。

本当は笑い事じゃないんでしょうけど。新しいの入れるのに30万かかっちゃったし...

まぁ20年近く使っていたので、そろそろ更新しないといけない時期だったんでしょうね。本当はとっくに償却が終わってて、次のを購入するお金が手元に残っていないといけないんですけどねぇ。なかなか大変。


d0072903_939246.jpg

壊れたボイラーです。
うちで使って20年弱と言っても、きっとそれも中古だったんだろうなと思うので、まぁ寿命でしょうね。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-31 09:42 | ・農場ネタ | Comments(0)

ようやくできた

d0072903_172524.jpg

イングリッシュビオラのコルビネです。ようやく出荷できる位になりました。
以前ブームになりましたが、今は個人的に好きだから作っているビオラです。
仙台あたりなら夏越しして毎年咲きます。関東は微妙...蒸れないように夏場(7月頭くらい)に、刈り込むのが夏越しするポイントです。

今年は生産が遅れたうえにごく少量しか作っていなかったので、お店側には全然案内していなかったのですが、なぜか今年は引き合いが多く、問い合わせが来ても“すみません”と断る状態でした。
なかなかうまくいかないものです。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-30 17:29 | ・農場ネタ | Comments(6)
ライブは仙台市福祉プラザという所だったのですが、場所がわからずにグーグルマップでみると五橋のSEIYUのあたりっぽいという事で、その辺に車を止めて探したのですが、実は国道4号沿いの大きなビルでした。
何も一通だらけの細かい場所で駐車場探す事なかったじゃんと思いましたが、歩いている途中に気になる雰囲気のお店を見つかって、そこでご飯を食べてきました。
d0072903_761861.jpg

フランス田舎料理、手作りソーセージ、世界のビール。なんか個人的にちょっとツボなキーワード。木を基調にした店づくりも気になるし。
お店の名前はredhotという名前でした

メニューは手作りのソーセージやハム、パスタ、カレー等一般的な洋食。私はハンバーグのコースを頼みました。

前菜。ハムが素朴で美味しかったです。ポテトサラダもさっぱりした味。私あんまり酸っぱいのすきじゃないので、ちょうど良かったです。
d0072903_79928.jpg

ベーコンと玉ねぎのスープ。特に玉ねぎが美味しかったです。
d0072903_792514.jpg

ハンバーグ。メニューでの名前は違うんですよね。忘れたけど。ラ行の何かがつく呼び方だった。
ソースはカレーソース。このカレーが美味しかったな。
d0072903_793929.jpg

デザート。プリンとガトーショコラ。プリンはかなり素朴な味でした。
d0072903_710727.jpg


一番印象的だったのが玉ねぎの美味しさ。甘みがとてもいい感じなんですよね。火の通し方なのかな?

結構なボリュームでお腹いっぱいになりました。
この後行く所があったから、お酒飲まなかったけど、ビール飲みたかったなぁ。

他にも気になるメニューがあったので、また行く事にします。

店構えって大事なんだなぁと思いました。自分の店のカラーを好きになってくれるお客さんにまず選んでもらわないといけないわけですもんね。
今回私はなんとなく歩いていて私の好みあいそうな店だなと思って入店したわけだから。
お客さんににまず入店てもらうには自分の中身と外見がマッチさせないといけないんですね。もう少しうちは外見を考えないといけないなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-29 07:36 | ・食ネタ | Comments(0)
仙台で東京03のライブがあったので、弟と母と3人で行ってきました。

やっぱりライブは良いです。

長めな間の使い方とか、絶対テレビではできない。東京03のネタは地味なイライラを貯めての爆発がキモなので、間がとても大事なんですよねぇ。
前回行った時よりもさらに面白くなってました。芸人さんは売れてしまうとあまりネタをやらなくなる傾向がありますが、しっかり新しいネタを作ってくれているのも嬉しいです。


あとはライブならではのアドリブがまた良いんです。怒っているシーンとか地味な緊張感を出さないといけないシーンでも耐えきれずに演者が笑っちゃってたりすんですよね。
本当はダメなのかもしれないけど、そんな空気感も楽しくなります。
今回のヒットは角ちゃんの“独りで来るの?2人で来るの?それとも3人かなぁ?”と“イイヅカ!!”ですね(観てない人にはまったく伝わらないな)。

d0072903_638376.jpg

前回の観たライブのDVDも買ってきました。最近はアマゾンで買うよりなるべく直接買いたいと思うようになってきました。

角ちゃんにも握手してもらってゴキゲンで帰ってきました


キングオブコント獲った影響か、客席は満席だし物販の雰囲気も全然違っていましたね。行列ができてた。

売れても仙台にはちょくちょく来て欲しいな。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-29 06:49 | ・日常ネタ | Comments(0)

久しぶりに参加

峩々温泉さんがゲストとして講演をするという事で、中小企業家同友会の例会に久しぶりに参加してきました。
普段お話はしているんですが、講演という事でよくまとまっていて、理解が深まりました。
何度でも話をした方がより理解の精度が上がりますね。


4年位前に会員になって3年前に会をやめていた(外に出る余裕がなくなったので)んですが、相変わらずディープな話をする会でしたね。テーブルディスカッションで“地域を元気にするあなたの役割は?”なんて問われたりして。
企業としては基本雇用の創出なんでしょうけどね。私としては蔵王を移住したくなるような町、住む人が幸せになるような町にしたいですね。それを価値観の創造から含めてやれたらなぁと思っているんです。ポテンシャルはあると思っているので。まぁどこまでやれるかわかりませんが、テーマを持っていた方が人生楽しいので。


久しぶりに会った人から“変わったよねぇ”とシミジミ言われました。去年も別な人から“変わったね”と驚かれました。よっぽど変わったんでしょうね。
あの頃は色んなものの板挟みになっていて、まともな精神状態じゃなかったもんなぁ。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-28 13:11 | ・日常ネタ | Comments(0)

冬のイベント案の審査

蔵王町観光協会で募集していた冬のイベント案の審査を先日の会議で審査をしました。
d0072903_11471643.jpg

あんまり集まらなかったらどうしよう?と心配していましたが、思ったより集まって良かったです。
そんな発想はなかったなぁという案がたくさんありました。

審査は揉めに揉めて、結局誰もが納得いくひとつという物がなくて、一番を決めずに入賞者を増やす形でおさまりました。

入賞しなかったものでも、単体でイベントで成立しなくとも、組み合わせたり磨いたりすれば良いものになりそうだななんてものもあり、出来ればみんなに景品あげたい位でした。ありがたいです。

何か案があがってから磨くのはいくらでもできるんですが、まずもとになるアイディアがない事には何にも始まらないので、今回は良いアイディアをいただけて良い機会になりました。

そのアイディアを出してくれた人に参加していただきながらイベントを作るような仕組みができると、町民が気軽に参加できる町民主役の観光作りにつながる気がします。一部の人間でやっているといつまでたっても裾野が広がらないので。


締め切り終わってから弟に“そんな募集してたの?、応募したかったな”と言われました。
あの募集の事業は私が担当で、募集チラシ作ったのも私なんですけどね。家族にすらその情報が行っていないというのはちょっと問題だな(笑)
[PR]
by hiraqT | 2010-03-28 11:44 | ・蔵王ネタ | Comments(0)
木曜に“とても勉強になる話が聞けるよ”というお誘いを受けて、新人研修セミナーに行ってきました。

新人研修セミナーという事で、企業のビジネス論とかマナーとかそういう話なのかな?と思ったのですが、人として生きる事の本質的な所の話で、涙がこぼれるほど良い話でした。

色々為になる話はありましたが、一番印象に残っているのは“人間は生まれながらにして役割を持っている”という話。
人は喜ばれる為に生れて来て、存在しているだけで喜ばれている。そんな喜ばれている自分を発見する事が人の幸せになるというお話。さらに言うとそれをかなえる事ができるのが仕事である。
その言葉を聞いて日ごろ“う~ん”と考え込んでいたものがとてもスッキリしました。


家族にすれば“いる”だけで良いんですけど、その本人が果たしてそれを自覚できるかどうか?というのはありますよね。特にお年寄りが“私なんか…”なんて話すのを聞くと“そんな事ないよ”と思います。
そういう意味で役割がある事や社会とのつながりがある事が大事なんですよね。

以前聞いた結城登美雄さんのセミナーで“田舎に住んでいたお年寄りが、息子に心配されて呼び寄せられて都会に行ったものの、仲間がいなくなってかえって元気がなくなる”話を聞いて、気持ちにハリが必要で何もしないとかえってダメなんだなぁと思いましたが、“役割”という言葉にするとすごくしっくりいきます。
さらには先週聞いた“田舎体験で子供に手伝いをさせて感謝される事を教える事”にも通じます。

人間はいくつになってもこの気持ちを持っているという事でしょう。
3万人以上の人が自殺する今の世の中ですが、“生きている事だけで喜ばれている”事をどう自覚させるかが、それを減らすヒントになりそうな気がします。
大して付き合いがなく会う事がない人であっても、亡くなったら悲しいものです。



他にも色々人生観に関わるようなお話が聞けました。企業活動を通してそれを表現できるようになりたいですね。良いきっかけをいただきました。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-27 15:33 | ・日常ネタ | Comments(0)
d0072903_21372571.jpg

昨日の朝に電話がかかってきて、“地域ブランドを立ち上げて世界に売り出している人の話が聞けるよ”という話だったので、“プロジェクトK”という栗原地区の各種団体が連携して産業を元気にするプロジェクトの発足集会に行ってきました。


講演はサムライをモチーフにして、サムロックという地域ブランドを立ち上げている方の話。
愛知の岡崎出身の人で、岡崎という地域の発信という事でやっているようです。地元の老舗のメーカーさんのものを統一性を持ったデザインで商品群を作って世界に販売しています。
面白いのがそんなそんな地域ブランドをあちこちで立ち上げてそれも含めたひとつの大きな商品群を形成しているんですよね。それを全国各地に広げていく方向で動いているようです。

ざおう森の回廊グループでやろうとしている事と近いものを感じました。出てくるフレーズも私達の議論でよく出てくる事が多かったです。
世界に売るとか日本各地に連携する地域ブランドを立ち上げるなんて話は発想にありませんでしたが。
まぁ考えつく人はたくさんいるのかもしれないけれど、実際に行動に起こしてやりきるという事が意外に難しくてかつ大切なんですよね。


個人的に聞いていて一番印象に残ったのは“伝える”という事の大切さと難しさ。
確かに大抵の人は1時間まるまる話を聞いてくれるなんて事はないので、いかにわかりやすく短く相手に想いを伝えるかというが大事になりますね。
具体的には自分の会社を100字におさめて書いてみるとか、商品を75字の文3つで書くという事をするそうです。
これを繰り返してみると良い訓練になりそう。実際にあんまり長くなったら覚えられないですものね
私はとても自己紹介がへたくそで、自分という人間はどう言えば伝わるかな?といつも悩むんですよね。好きな事も色々あるし、やっている活動も色々あるし。いつも何か抜け落ちた自己紹介をやってしまいます。
今度実際に100字パターンを何個か作ってみる事にします。

d0072903_23162675.jpg

良い話だったので、著書も買ってみました。何かヒントがありそうな気がします。



参加している団体がとてもたくさんあって驚きました。これをまとめるのってかなり大変な事だよな。すごい。
主催者のあいさつにはとても強い地域に対する想いが感じられます。よその地域ではありますが、うまくいって欲しいなと思います。

d0072903_23194434.jpg

会場の外には栗原ブランドがずらりと為らんんでいました。最近10自治体が集まっただけあって、かなり産物が豊富ですね。
[PR]
by hiraqT | 2010-03-25 23:28 | ・農場ネタ | Comments(0)
去年に東北大文学部の学生さん達が蔵王町を調査して歩いて作成したレポートの発表会をするという話を聞いたので、山水苑(蔵王町の別荘地)のひぐらしの館に行ってきました。
d0072903_753750.jpg

タイトルは“蔵王町の現状と課題―維持可能なコミュニティを目指して”
私にとってはどストライクなテーマです。


文学部でそんな事やるの?と思ったのですが、社会学研究室というのがあるんですね。
この研究室では毎年地域を変えて聞き取り調査をして、抱えている問題点を洗い出して、その解決案を提言するという事をしているそうです。

観光、教育・後継者、農業、交通、行政をテーマに担当を変えながら、発表がありました。
とてもよく整理されていて、わかりやすかったです。

住民から聞いた話をもとにしているので、住民としは“まぁそうだよな”という内容なんですよね。本当は行政が聞かないといけない気がします。

色んなテーマがあるのですが、聞いていて全体的な傾向として見られるのが連携の不足ですね。外部から見た時に情報が整理されていない所と、町民の町内店舗の利用率の低さ、行政が考えている事と住民の考えている事に隔たりがある所に表れています。

まずは町民どうしの交流が大事なのかも。

意外だったのが“もっと住民の声を行政に取り入れてほしい”という意見がある事です。
別にそんな主張している人見かけない気がするんですけどね。
不満に思っているだけで具体的な行動を起こさないのかな?


とても参考になりました。発表会用のシンプルなプレゼン資料とは別に分厚い資料ももらったので、熟読させていただきます。


学生さん達ありがとうございました。



今回の発表会を役場に提案して公的な施設を借りようと思ったら“忙しい”の一言で断られ、山水苑さんの方に相談があって、今回の会場が山水苑さんになったそうです。

せっかく学生さんが一生懸命作ってくれたレポートをそんな扱いをするなんて...
本来こっちからお願いしても良いようなものを向こうの方からやって来て調査してくれるなんてありがたい話じゃないのよ。
施設くらい探してやれば良いのに。結果的に会場が見つかって、それなりに聞きに来る人もいたので良かったですけど。
こうやって良い芽を摘んでいくんだな。絶対蔵王のイメージ悪くなったよ。


昨日“なんでもかんでも行政にやれと主張するのが嫌い”と言っておりましたが、なんでもかんでも“忙しい”とか“予算ない”って言ってれば良いと思っているフシがあるのもムカつく。

人間としての姿勢の問題ですね。がっかりだなぁ...
[PR]
by hiraqT | 2010-03-25 07:53 | ・蔵王ネタ | Comments(0)
私が事務局をしています蔵王山麓グリーンツーリズム交流会の臨時総会が昨日開かれまして、今期をもって解散する事が決定しました。今までの業務の窓口は観光協会に移します。メンバーはみんな観光協会に属していて活動しているので、まずは窓口が変わるだけで大した支障はないと思います。

グリーンツーリズムという活動が“観光”なのか?という気はするんですが、メンバーに観光業者が多く(農家はほとんどいない)、今の所やっている活動内容が観光の延長に近い部分があるので、とりあえずの着地点はそれで良いんじゃないかと思っています。


どうもグリーンツーリズムという言葉が含んでいる意味合いが広く、活動といっても色んな活動があるので、その言葉から連想する事が各々違ってくる部分で活動の焦点がぼやけていた気がするんですよね。キーワードだけが独り歩きしている気がする。

芯にあるのは他地域の人同士の交流なのかなと思うのですが、事業としてとらえた時にどう持っていくのか?が詰まらずに、ふんわりしたイメージだけで動いていたような気がします。

何をやるかで事業名を明確にしてしまった方が良いと思うんですよね。滞在型の観光の仕組み作り、教育旅行の仕組み作り、食育、コミュニティー作り、移住者の受け入れ...etc.
何をするのか?を整理する事で、誰がやるのか?というのが明確になって、事業のキーパーソンがわかりやすくなると思うんですよね。


それのコーディネイト業務は、民間の一団体というより、本当は行政が絡んだ方が色んな人を巻き込みやすくて良いと思うんですよね。
まぁ私はなんでもかんでも“行政がなんとかしろ”と主張するのは嫌い(“あまりにも優先順位おかしいんじゃないの?”という事をやってたらメッチャ文句言いますけど(笑))なので、行政にその気がなければそれはそれまでの事で自分がやれる事をやるだけの話です。



うちの会は発足したのは良いものの、メンバーの業種や地域に偏りがあって、それ以外の業種や地域の人からすると“補助金もらって勝手な事やっている団体”的な目で見られる部分があって、どうも活動に広がりが出なかった感があります。
それと基本的にビジネスとして成立するような部分でないので、それを本業ある人間にやらせる事が難しく、結局“誰がやるの?”という所が抜け落ちた議論がなされていた気もします(まぁこの“誰が?”の部分はどんな会議に言っても同じ事が起こるんですけど)。

とりあえずは中途半端な受け皿になってしまっていたこの会が解散する事で、イチから今まで参加していなかった人も含めた組織を作り直すきっかけになれれば良いかなと思います。事業内容だって集まる人によっていくらでも変えて良いと思いますし。



個人的にはこの会に入ったおかげで、知り合いも増えたし、蔵王にも詳しくなったし、色んな地域を見て地域性を考える事もできたので、勉強会・交流会としての機能は十二分に発揮してくれました

あとは私が本業や地域づくりにどうこの経験を活かすかです。

面倒事がひとつ減ってとっても清々しい気持ち。
最後の1年なんてほとんど敗戦処理みたいな感じだったもんなぁ(笑)
[PR]
by hiraqT | 2010-03-24 07:48 | ・蔵王ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT