農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

d0072903_19491257.jpg

昼食は岩出山城あと近くの、キッチン食堂城山さん。

地場の野菜を中心とした家庭的なメニューです。頻繁に食べる人からするとこういう食堂って大事ですよね。
d0072903_19492417.jpg

かなりのボリュームです。
食べててかなりお腹いっぱいになりました。
ダシ美味しかったなぁ。

創始者のお母さんと娘さん。
d0072903_19492741.jpg

d0072903_19492887.jpg

もう40年もやっているそうです。
地域に愛されているお店です。ナルコリンもよくここで食べているそうです。
そういうお店を紹介してもらうのも地元の人間プロデュースの旅の楽しい所です。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-31 19:59 | ・旅ネタ | Comments(2)
次は同じくふたばのメンバーである氏家直子さんの所へ。佐藤さんのすぐ近所なんですね。
d0072903_6384271.jpg

女の子ばかりの兄弟で、本当は文学系に進みたかった直子さんの所に家を継ぐ役目がまわってきたそうです。
宮城県の研究所に併設されている農業実践大に行って果樹をやっていて果樹に惚れ込んで、県の人から“国産のラズベリーってないからラズベリー良いよ”と言われて、ラズベリーをやってみたもののなかなか大変(やれると言われた面積の1/5しかできなかったらしい)で、そっちの面積を減らして(思い入れもあるので完全にゼロにはしてない)パプリカを中心に生産しているそうです。
ラズベリーの収量の話を聞いて私もそれでは無理だよなと思いました。しかもラズベリーは皮が薄くてすぐつぶれるから収穫の時に重ねられないから、とっても手間がかかるみたいです。
パプリカの方も今年は連作障害が出てしまって、ほぼ全滅状態になってしまってえらい苦労したみたいです。
なんだかんだありながらも一生懸命頑張ってます。

ちょっと話を聞いただけでも、地域に対する愛情やまっすぐに農業に取り組んでいる姿勢が感じられるとてもいい子です。
話を聞いた印象だとラズベリーに対する思い入れを感じたので、直子ちゃんファンとしては良い方法が見つかって“なんだかんだありながらラズベリーの直子ちゃんに戻りました”なんて物語になると良いななんて考えました。まだ物語は始まったばかりですから。

農場も見せていただきました。
d0072903_656395.jpg

この日の為にパプリカも残しておいてくれたんですが、状態が悪いから本当は見せたくないそうなので、そちらは自粛しておきます。普通にやっていてもちょっとした事で全滅したりするという事も消費者としては知っておいた方が良いとは思いますけど。

ゴーヤのアーチがありました。
d0072903_6561946.jpg

これすごく良い雰囲気です。日陰を作ってくれる緑のカーテンという事で、園芸業界でもはやっているんですが、これはなかなか良いですね。うちも作ろうかな。
ジブリのアリエッティみたいだねなんて皆で言ってました。


ぷりん家の竜平さんがポーズとっていたので撮りました。
d0072903_6564418.jpg

森の妖精的なテイストでいかがでしょう(^_^;)


参加者人から“ゴーヤの実ってエッチなんですよね”と言われて、“昼から何を言い出すんだろ”とか思いながらチェックしたらなるほどな感じ。
d0072903_6563546.jpg

確かにそんな感じします。食べてみるとちょっと甘いんですよね。
これは新たな発見。


生産現場は色々発見があって楽しいですね。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-31 07:16 | ・旅ネタ | Comments(0)
ひとつぶ堂さんを後にして、次はいよいよ今回の主役の一人であるふたばの佐藤義則さんのトマトハウスへ。
d0072903_5553386.jpg

屋根の高い大きなハウス(3000万もするそうです)にトマトがきれいに並んでいます。フルーツトマトと呼ばれる糖度の高いトマトを生産しています。
寒暖の差が出てこないと糖度が乗らないので、同じ品種のトマトで糖度が高い時期のトマトをフルーツトマトとして出荷するそうです。

こちらが佐藤さん(タオルを巻いて立っている方)。
d0072903_614474.jpg

代々続く農家でしたが、最初は農業にそれほど思い入れはなかった(子供の頃から手伝いはさせられてた)のですが、大学で農業系の大学に行った事で、農業の事を語れる仲間に出会ってのめり込んでいったそうです。
アメリカにも研修に行って、メキシコ人と一緒に働いていた事もあるそうです。
親とは違う自分の部門を作ろうという事で、トマトを作り始めたそうです。トマトを選んだ理由は作り手によって個性が出て、時に主役にもなれる野菜だから。イチゴも候補にあったけど、酸っぱいのが苦手でイチゴが食べられないのでパスしたそうです(トマトも酸っぱいと思うけどな...)。

佐藤さんのトマトは本当に美味しくて、以前ナルコリンの店に行った時に一緒に行った人が“このトマトを自分の地元(その人が言うには美味しいトマトがない)に発送して売りたい”と言ってました。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-31 06:24 | ・旅ネタ | Comments(0)
8/28、8/29の二日間、岩出山と鳴子の魅力的な“ひと”を巡る岩出山鳴子「ひとツーリズム」バスツアーが行われたので参加してきました。

ひとツーリズムとは名所や名物を歩くのではなく、その地域の魅力的な人達を訪ねて歩いてその人の話を聞いて歩くという考え方の観光です。NPO法人ファイブブリッジがその考え方を提唱していて、5月の末にその第一弾として蔵王で蔵王“食・人”回廊ツアーと題して、私がガイド役になって食に関わる人達を巡るツアーを行いました。

今回はその第二弾。
コーディネイターは鳴子で地元野菜を中心にした料理を提供している飲食店ビックスター鳴子味庵(なごみあん)の大澤英理子さん(通称ナルコリン)と、岩出山でトマトを生産していて若手の生産者グループ“ふたば”のリーダーをしている佐藤義則さん。


仙台駅東口に集合。
集合場所に行ったらナルコリンが可愛いボードを持ってお出迎えしてくれました。
d0072903_19131741.jpg

こういう手作りな感じが良いですね。


出発してからはナルコリンによる行程の事前説明や自己紹介を交えながらワイワイ楽しく移動。
d0072903_19164662.jpg

d0072903_1916516.jpg

バスの中の空気大事ですよね。
移動中もツアーの一環ですから。


1時間ちょっとで岩出山に到着。
ちなみ岩出山は古川と鳴子の間にある町で、最近全部合併して大崎市になりました。江戸時代が始まってから仙台に伊達政宗が拠点を移すまでの間居城があった場所です。戦国時代は政宗はここいたんですよね。イマイチ認知度は低い感じがありますけどね。
岩出山には全国的にも有名な道の駅があるので、今はそのイメージが強いですね。個人的には中学時代卓球の県大会に行くと岩出山が強かった時があってそのイメージがありますね。小牛田や若柳の地名も私にとっては卓球強かったよなぁというイメージなんですよね。多分他に情報がなかったからなんでしょうけど。



まず始めは岩出山の中心街にあるひとつぶ堂さんというパン屋さん。
d0072903_1924824.jpg

古民家のガレージを改修したそうです。良い雰囲気です。

店主の福原さん。
d0072903_19174757.jpg

大学時代に彫刻にはまっていて、そのもの作りの延長でパンに興味がでて、パン屋になったそうです。
独特のゆったりしたやわらかい雰囲気の女性です。
国産小麦を使い自分で酵母を起こすことからやっているパンは人気で、品薄になる事もしばしばなんですが、お客さんと対面して会話しながら販売するという形式が好きで、ひとりでパンを作って販売する所までやっているそうです。
そういうの憧れますね。ちなみに彼女の上にある時計は“店の雰囲気に合うんじゃない?”とお客さんが持ってきてくれたものだそうです。
d0072903_1918419.jpg

ショーケースもレトロな雰囲気。良いなぁ。

パンです。
d0072903_1918965.jpg

なんでも“まるめる”という作業が大好きらしく、パンは基本まるいんだとか。
作る人の個性が出るんですよね。
とにかくほっとします。仙台から買いに行く人がたくさんいるという話を聞いても納得です。


酵母まで自分で起こせるっていうのも新たな発見でした。
なんでもハーブからも起こせるという話を聞きました。
材料になる物によっと酵母に個性が出たら面白いなぁ。




ひとつぶ堂さんに行くまでにちょっと時間があったので、その辺をプラプラ歩きました。
d0072903_19593029.jpg

このまんぢう屋さんは創業300年近いそうです。驚きました。
やっぱり歴史のある地域は違うなぁ。


あとこのお店も気になりました。
d0072903_19593527.jpg

今度行った時に寄ってみたい。



ちょっとゆっくり歩いてみれば面白そうなものってきっとアチコチにあるんですよね。
ただ気づかないだけで。
地元の人にゆっくり歩かせても完全に日常に埋もれてしまうから、地域地域で交換モニター制度なんかあると新たな発見があって面白いかも。
自由に歩いてもらって、気になる所とか興味をそそったものを報告してください的な感じで。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-30 20:06 | ・旅ネタ | Comments(0)
昨日、今日と1泊2日で岩出山・鳴子「ひとツーリズム」バスツアーに参加してきました。

岩出山と鳴子の魅力的なひとを巡るツアーです。

もりだくさんな内容だったので、情報を整理して詳細レポートを後でアップします。



仙台駅解散だったので、せっかくだからという事で、帰りに一緒に参加していたキューリ歩人と一緒にオジーノカリーヤさんに寄ってきました。

オジーノさんは地下鉄だと五橋駅になるんですが、疲れてるし荷物もあるからという事で、どうせ二人だしという事でタクシーで行きました。

d0072903_22172388.jpg

それぞれ味付け卵のカレーと、チーズソースのトッピングをオーダー。




そこでまさかの事件が発生。

帰りはすんなりタクシーつかまらなそうだし、歩きますかという事で、仙台駅まで15分~20分くらい歩いて、やっと着いたなぁと思ってきっぷを買ってたら、キューリ歩人が“財布を落とした”と言い始めました。

これはまずいなという事で、お店に電話したら、落ちてた財布はあって、警察署に届けちゃったとの事。


d0072903_22175537.jpg

しょうがないのでまたタクシーで警察署へ。
ちょうど拾って届けてくれた人が来てて手続きとっている所だったので、直接お礼も言えました。
とりあえず無事にみつかって良かったです(^_^;)


もう疲れてたので、帰りもタクシーを使いました。

なんだかタクシー3回も乗っちゃって、カレー屋さんで支払った金額くらいの金額をタクシーに使っちゃったな。
よりによって疲れている所でこれが起きるとは...

よくできた罰ゲームです。
私のまわりは面白い事が起こるようにできているのかな


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-29 22:39 | ・食ネタ | Comments(0)
昨日はアトリエデリスの料理教室。
今回はチョコレートババロアとムサカ。

ムサカとはギリシャの料理だそうです。野菜と肉で層を作って、最後にオーブンで焼きます。
d0072903_615080.jpg

まず炒めたナスを敷きつめて、輪切りしたトマトをいれてその上に、ひき肉とみじん切り玉ねぎをねった物(ねぎとろみたいな色になるまでねる)をひきました。バジルをそこに散らします。

これまでの層をもう一度作って重ねたものに、チーズをあっさり散らしてその上に先ほどナスを炒めた時に使ったオリーブオイルをかけます。
d0072903_61518.jpg

油をかけないとぱっさぱさになるそうです。
料理教室に通うまで油って“焦げ付かない為に引くもの”程度にしか考えていませんでしたが、素材と素材をつないだり潤いを加えたり、何気に色々働いてくれているので、最近は料理は油の使い方がポイントになるなぁと思うようになりました。
今回もナスの味が染みこんだ油をかける所がミソですよね。

後は180度のオーブンで焼いて完成。
d0072903_615139.jpg

ぱっと見ぎっとりしてますが、食べるとすごくあっさり爽やかで、美味しいです。トマトの酸味がポイント。もちろんバジルの清涼感も活きてます。
結構水分が出て来て下にソースとしてたまるので、パンにつけてしっかりいただきました。このソースが美味しいんですよね。
今回は豚肉でやりましたが、現地では羊の肉を使う事が多いそうです。

これ意外と早くできるので便利です。ただ夏野菜を切って入れてオーブンで焼くだけですから。今回はいつもの料理教室より1時間くらい早くできました。

チョコレートババロア。
d0072903_615259.jpg

サクランボのブランデーが隠し味に入っています。
アルコール系を入れると味に切れが出て美味しいんですよね。入れた瞬間に“あっ違う”ってなります。
作っている途中に何度か味見してその違いを実感できるのが、この料理教室の良い所。









どうでもいいですけど、ムサカって聞くと俳優の六平さんを思い出します。
息子さんがサッカーやっていて、去年の高校選手権で前橋育英の中盤で良い仕事してました。
d0072903_641118.jpg

なんか料理教室の間ずっとこの人の顔が頭に浮かびっぱなしでした。



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-28 06:43 | ・食ネタ | Comments(0)
今日は朝日willさんが取材に来ました。最近メディアづいてますね。

朝日willさんは宮城と山形の朝日新聞に折り込まれる情報紙で、5年位前に兄弟で載った事があります。

今回はみやぎの旬というコーナーにハーブと私が載るようです。私のスタンスは理解してもらえた気がするのでうまくまとめてくれんじゃないかな。

そういえばいつ発行されるか聞くの忘れたなぁ。来月くらいですかね。またお知らせします。



昨日は亘理、古川、富谷、仙台港と苗を配達して歩いて、午後にはアウトレットで打ち合わせをして、そのままはちや食堂に行き、仙台のネットカフェに泊って朝帰って、午前〜昼はお客さんと打ち合わせ、午後は取材と、ノンストップな2日間でした。
さらに今晩は料理教室で、明日明後日は鳴子岩出山のひとツーリズムツアーに参加します。
体力持つかなぁ(^_^;)
[PR]
by hiraqT | 2010-08-27 18:42 | Comments(0)

月一はちや食堂オープン

d0072903_1613270.jpg

昨晩はシェアカフェさん(日替わりでお店が開ける場所)で開かれた1日限定の、はちや食堂に行ってきました。

塩釜の餃子メーカーの蜂屋さん以前工場見学に行った時の記事)がトライアルとして月一で開くお店です。昨日がその初回。
蜂屋さんはゆくゆくは自分の餃子を味わってもらうお店を開きたいという希望があるので、こういったトライアルを重ねて蜂屋さん自身が修行するという意味あいもあります。
d0072903_1613336.jpg

今回の主役の蜂屋さんです。
お家でも簡単に焼けますよという事で、ホットプレートを使って目の前で焼いてくれます。

主力商品のはちやの餃子。
d0072903_1613526.jpg

野菜多めでアッサリしていて、パクパク食べられます。
私は餃子はアッサリ系が好きなので(自分で作る時はショウガを入れるほど)、とても好みの餃子です。
以前宇都宮の餃子を何軒もハシゴして食べ歩きました(その1その2)が、私は蜂屋さんの餃子の方が美味しいと思います。

まるまるもちもち餃子の水餃子。
d0072903_1613744.jpg

これは皮のもっちり感が秀逸ですね。皮の製法に企業秘密な技術があるらしいです。

蜂屋さんのお母さんのお漬物。
d0072903_1623512.jpg

私あまり漬物食べないのですが、これは美味しくいただきましたね。

スープとキャベツです。
d0072903_162303.jpg

キャベツは塩とごま油とラー油だけで味つけしたそうですが、これが美味しいんですよ。キャベツそのものが美味しいんです。素材の美味しさがはちやの餃子の美味しさなんですね。
キャベツも農場を何軒も歩いて探したものらしいです。蜂屋さんは野菜のソムリエでもあります。

ちなみに餃子に入れている豚肉もカテキン豚という豚を使っていて、これもアチコチさがして行きついた素材なんだとか。

使っている醤油やポン酢は玉松さん作。
d0072903_1623718.jpg

隣町の大河原でひらきゅうバジルを使ったドレッシングを作ってくれている会社です。
地元の素材を使った調味料作りに定評があります。


蜂屋さん流の餃子のタレは醤油と酢の黄金比がありまして、それを目分量でぴったり併せます。
黄金比率は直接お店に行ったら聞けるので、ゼヒ本人から聞いてください。


カウンターに座ったので蜂屋さんから直接色んなお話が聞けたのがとてもよかったですね。
私は餃子が大好きなんで、餃子屋さんから直接お話が聞けるって貴重です。

蜂屋さんの餃子は他の餃子と比べて野菜が多いんですが、なぜ他の餃子って肉の比率が多いんですかね?という話をしたら、肉の方が味が安定しやすい(味の再現性の話)んだそうです。
野菜はシーズンによって野菜自体の味が違うので、野菜率が増えると餃子の味を安定させるのが難しいんだそうです。
そこを野菜の味の変化に合わせて調整する事ができるのが蜂屋さんの技術なんだとか。
さすが餃子を作って40年の会社。
ガッテン、ガッテンって感じです。


蜂屋さんのお店は毎月だい4木曜に開くそうです。
是非足を運んでみてください。

シェアカフェさんの場所はこちらを参照してください。青葉通りと一番町が交差するあたりの場所にあります。うちからハーブティーを出荷しているCOCORONさんの裏手あたりにあります。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-27 16:52 | ・食ネタ | Comments(2)

いまさらですが。

d0072903_725958.jpg

今月のkappoに北仙台のしんさん(たまに話題にする~を楽しむ会の料理人さん)が載っています。うちから行ったハーブも使われています。

だいぶ前に発売されているんですが、あまり雑誌売り場とか行かないもので数日前に初めてみつけました。載るという話は聞いていたので、チェックしなければと思っていたのですが...
もう夏終わっちゃうよなぁ。まだ見てない人は急いでチェックしてみてください(^^)


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-26 07:20 | ・食ネタ | Comments(0)

バジルおにぎり

d0072903_21341336.jpg

B級グルメな感じでイベントとかで売れる物つくれないかなぁと思いまして、バジルおにぎりを作ってみました。


中身はこんな感じ。
d0072903_21385094.jpg

バジルペーストを使ってチャーハン的なご飯を作って、それをおにぎりにして、中にミートソースを入れました。
d0072903_21351859.jpg

流れると嫌なので、ミートソースは具だくさんで水分飛ばして濃いめにしました。

まぁ感想としては、美味しい事は美味しいんだけど、ちょっとオイリーでくどいんですよねぇ。
もうちょっとトマトソースの部分を増やすか、ペーストのオイル率を減らさないといけない感じ。
オイルがあるからバジルの風味が行きわたる部分もあると思うので、その辺のバランスをどうしようかなぁって所ですね。


普通にバジルご飯(もしくはパスタ)作ってミートソースをかけた方が美味しいかもしれないんですけど、片手でおやつっぽく食べられる物にしたいんですよね。

親に食べさせたら、くどいからソースがない方が良いと言われました。
くどいのはソースのせいじゃなくて、ペーストに使っているオイルのせいだと思うけどなぁ。

さすがに無理があるのかな(^_^;)
また挑戦してみます。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2010-08-25 21:54 | ・農場ネタ | Comments(6)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT