人気ブログランキング |

ハーブをカープの選手に例えたら~ディル

ハーブをカープの選手に例えて紹介するコーナー第4弾。

今回はディルです。

d0072903_16191815.jpg
ディルは主に葉を料理に散らす形で用いられ、マリネやピクルスに使われる事が多いです。
甘く爽やかで優しい風味で、サーモンを中心としたシーフードだったり、トマトだったりとても広い範囲の素材とマッチします。
とにかく主張しすぎないので使いやすい。
使い方としては生の葉を刻んで散らすだけでオッケー。大好きなハーブで私はなんにでもこれ散らす傾向がありますw
飲食店ではよく使われて定番的なんですが、一般層にはまだなかなか伝わっていないかも。

使い勝手が良くて常時手元に置きたいハーブなので、ドレッシング作った時もまず最初にこのハーブを素材に作りました。


そんなディルはカープの選手に例えると佐々岡真司投手です。

d0072903_18342597.jpg
90年代のカープを支えた大投手。
チーム事情で先発、セットアッパー、抑えと役割を替えながらチームに貢献し、100勝100セーブという達成者の少ない記録を持っています。配置換えが多い事で名球会の条件である200勝や250セーブには及ばなかったわけですが、チームには数字以上の多大な貢献をしてくれた選手です。「抑えをやらなければもっと勝てたのでは?」という声をかけられて「チームが勝つのが一番よね」と返したという逸話もあります。
そんな優しさと、幅広い役割をこなしつつも派手さがなくて貢献度に対して認知度がもうひとつな感じの所と、ディルと佐々岡投手は重なるんですよね。釣りが大好きって所もシーフードと相性の良いディルっぽい(笑)


ちなみに佐々岡投手はここ数年は二軍の投手コーチをしていて(来年から一軍のコーチ)、球は速いけどコントロールが…ってタイプの若手を育て上げて戦力にして一軍に送り続けて、カープ三連覇に貢献しています。
現役の頃とにかく投げ込んで自分を鍛えた人なので、投げ込み信仰で選手壊れるんじゃないか?という心配をしてた人がいたんですが、コーチとしてはそんな事はなく柔軟に若手を育てているんですよね。
二軍から佐々岡コーチがいなくなる事で、速球派の若手を育てて戦力にする流れが変わってしまわないか?というのが、カープファンとしてちょっと心配している所です。




【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



by hiraqT | 2018-12-25 19:03 | ・農場ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by zaoherb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30