農場長のぼやき日記

hirakyu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:・食ネタ( 323 )

昨年末にみやぎ産業振興機構主催のキースタッフさんが講師のセミナーで勉強しましたドレッシング作りですが、いよいよ販売を開始しました。

d0072903_17181094.jpg

ディルをふんだんに使ったドレッシングです。これだけ使えるのはハーブ生産者ならではと思います。普通に流通しているの使ったらこんなに入れられないw

私はディルが大好きで、業務用ではよく使われるハーブなんですけど、イマイチ一般の人には伝わっていない感があるんですよね。
これでディルの良さが伝わればという所と、色んな料理にハーブソースとして使ってもらってハーブの良さを感じていただければなと思います。
d0072903_17183214.jpg

主張が強すぎずシーフードにマッチするハーブで、お刺身のおともにもイケます。サーモンとかホタテとかすごく合うと思います。
ちょっと甘酸っぱいソースとしてタルタルソースやケチャップの代わりに、エビフライとかフライドポテトとかの揚げ物にあわせても良いですね。

今の所は綴cafeとみんな野ともち豚館で販売しています。
物販用は150ccですが業務用に900㏄入ってるのも作ろうかと思うので、飲食店の方も興味ありましたらお声掛けください。


原材料。
d0072903_17181218.jpg

原材料で一番多いのがディルで、添加物が入っていないというのがポイント。


夏になったらバジルバージョンを作ろうかと思っています。




【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


[PR]
by hiraqT | 2018-03-12 17:47 | ・食ネタ | Comments(0)
2/19にみやぎ食ひと交流サロンがありまして、東北食べる通信を発行している東北開墾の成影さんをゲストスピーカーに招いてお話を聞きました。


d0072903_19083786.jpg


色んな所に派生しているプロジェクトなんですが、花巻が拠点で東京にはよく行くけど意外と東北の大都市である仙台につながりが少ないという事だったので、食に興味のある仙台近辺の人達が集まる食ひとサロンで紹介してつながりを多くしてもらえたら良いなという事で主催しているファイブブリッジさんにお願いして、今月のテーマに選んでいただいて、私がコーディネーターをつとめました。

「東北食べる通信」は「世なおしは食なおし」とのメッセージで生産者や食材の価値を消費者に伝えるべく、東北の生産者の現場を徹底的に取材し、食材と一緒に届ける月刊誌です。
誌面と食材を届けるだけでなくSNS上での交流や生産者を囲んでのイベントも開催し、読者が自発的に生産者を応援するコミュニティを形成するところまで発展しています読者数は1000を超え、モデルにした事業が日本中に拡がりさらには海外でも展開され始めています。
2016年5月に「ざおうハーブ」を取り上げていただいたんですが、まず取材のエネルギーがかなりすごくて取材対象の人生をすごく掘り下げて、その人を伝えるのにどういう誌面にすれば良いか?って事から誌面作りしている印象です。私達の時はハーブをカープの選手に例えたり、サッカー選手に例えて紹介するコーナーだったり、楽しい蔵王ライフを伝えるべく個人的おススメスポットを紹介するコーナー。

読者の人達の熱量にこんな世界があるのかと驚きました。取り上げられている生産者さんも魅力的な人ばかりで、一読者として毎月どんな人が紹介されるのか楽しみにしています。

とにかく一生懸命生産者と生活者をつなごうとしている媒体で、ただ紹介して終わりというのではなく、真剣に生産者を応援している印象を受けます。
応援されている立場ではありますが、そんな素敵な活動がどんどん拡がって欲しいし、スタッフの人達もみんな良い人達でこっちも応援したいと思える人達。成影さんは学生時代に読者で一度東京で働いてから東北食べる通信の仕事がしたいという事で加入したそうです。

d0072903_16254783.jpg

まず、参加者のみなさんに自己紹介をしていただいて、それから成影さんに食べる通信の仕組みとか現場の話を聞きました。

事例として紹介されていたのは、過密に育てていたのを震災を機にまばらに育てる事にした事で生育スピードも品質も上がった牡蠣の話とか、1m以上積もった雪から手掘りして出荷しているキャベツの話とか、全ての魚種の線量を計測して99%の魚種は大丈夫なのに福島産だというだけで買ってくれないからと週2回数時間しか漁に出れていない漁師さんの話とか、いずれも心を揺さぶる何かがある生産者さんでしたね。
これ社会としてどう考える?というのをひとりの人間としてつきつけられるというか。

想像はしてたけど、やはり取材にかける労力がすごく、よくそれを月刊でやれてるなと驚きます。東北6県が対象だから移動距離もハンパない。


そんな食べる通信をもっと色んな人に拡げて行くにはどうしたら良いかな?って事をテーマにみんなでグループディスカッションしました。


色々意見は出ましたが、まずは入り口を広くして触れる動機づけを増やす事かな~という話が多かったですかね。主旨をしっかり理解して購読してくれる人だけでなくまずは美味しい食材をきっかけに知ってもらうとか、飲食店でイベントをしてそこのお客さんで興味持ってくれる人を増やすとか、グループで定期購読プラス食材をちょっと多めに頼んでみんなで楽しむサークルを作るとか。
ファーストコンタクトの機会を作る事を増やす事、もともとコミュニティがある所とコラボする事だったりは他の事でも同じような事が言えるかもしれませんね。コンテンツの内容以上にまずは誰が勧めているか?がきっかけとしては大きい事はありそう。

まったく発想になかった所では、食べる通信としてのゴールをどこに設定しているか?という質問で、食べる通信としてはそれがなくても良くなる社会、生産者と消費者がつながってお互いを尊重できるような社会になる事、がゴールという話が出て、それならば意外と読者を増やす努力と並行して各地の食べる通信の編集長をやってくれる人を作ってそういう機会を作りやすくして行く事がゴールに近づくかも、という話。
確かに目的設定次第ではアプローチの考え方も変わってきますね。


東北食べる通信、興味持った方はこちらからチェックしてみてください。


面白いのはその食材の生きてた時の状態がイメージしやすいようにあえて加工しすぎずにホールで送るんだそうです。わかめはめかぶついたままとか、里芋も親芋についた状態だったり、うには殻つきだったり。そういうものを加工する手間もあえて体験して楽しむというスタンス。

冊子を熟読して、食材を加工して、冊子の物語に想いを馳せながら料理して食べるのにだいたい2時間。月に一度良い映画を観るつもりでいかがですか?
と成影さんはおっしゃってました。


おススメですよ~



[PR]
by hiraqT | 2018-02-27 12:17 | ・食ネタ | Comments(0)
先日東京に行った時に買ってきたパクチー商品。

パクチーのせんべい。
d0072903_16050138.jpg
d0072903_16050360.jpg
パクチーの風味もしっかり感じるし、いいあんばいの味つけでしたね。
レベル高い。


きざみパクチーの調味料漬。
d0072903_16050582.jpg
これもパクチー風味ありつつえぐくなく美味しかったですね。
魚醤が入ってタイ料理っぽい風味を出しつつも味にカドがない感じ。


他にもパクチー関連商品ちょいちょい見かけました。
この数年で一気に市民権得た印象ですね。



【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2017-12-20 16:05 | ・食ネタ | Comments(0)
先日、亘理に嫁いだみっちーから郷土料理であるはらこめしの作り方を教えてもらいに行ってきました。
はらこめし大好きなので家で作れたら嬉しいなという事で。

まず鮭のあらを調味料(砂糖酒醤油)で煮てだし汁を作ります。
d0072903_15491727.jpg

d0072903_15492423.jpg


いくらをほぐします。

d0072903_15492734.jpg
d0072903_15493093.jpg
d0072903_15493414.jpg

80℃のお湯に入れてグルグル回すとスジがぎゅーと縮まってほぐれやすくなるみたいです。


d0072903_15493691.jpg
d0072903_15493915.jpg

ほぐして浮いて皮?の部分を捨てるのを繰り返します。
これを丁寧にやらないと生臭くなるのだとか。

ぬるま湯の中で手でほぐすのと比べてすごく楽。はらこめしはいくらほぐすのがとにかく大変ですからね~

ほぐしたいくらをダシ汁で10秒くらい湯がきます。
d0072903_15494143.jpg
そんな事したら硬くなっちゃうんじゃないの?と思うんですが、そんな事ないんですね~
やりすぎるとかたくなるみたいですが。

d0072903_15494801.jpg
いくらの処理はこれでオッケー。


あとは鮭の切り身をだし汁で15~30秒くらい湯がきます。
d0072903_15495002.jpg
d0072903_15495360.jpg
中に火が通るくらい。やり過ぎるとかたくなります。

そしてだし汁をかけて浸しておきます。
d0072903_15495610.jpg

あとは米とだし汁の半分入れた水を炊飯器に入れて炊いて、浸けておいた切り身をのせて完成。
写真撮るの忘れた(^_^;)
うちでは切り身も一緒に炊きこんじゃうスタイルだったんですが、このスタイルだと切り身に火が通り過ぎないのでふわふわな風味になるんですね。
なるほど。
出来上がったのは若干味薄かったけど、とても参考になりました。
今度家で作ってみよう。


作ったはらこめしはお家へお土産にして、ランチは松本鮮魚店さんではらこめしを食べました。
d0072903_15495973.jpg
ここは本当美味しくてコスパが良いんですよね~
今の所亘理で一番好きなお店。



【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2017-12-01 15:50 | ・食ネタ | Comments(0)
10/15(日)に東北食べる通信さんと無印良品さん企画で、伊豆沼農産さんとざおうハーブのコラボイベントが開催されました。

東北食べる通信さんの9月号に伊豆沼農産さんがとりあげられまして、ソーセージ作りイベントをやる事になったところ、ざおうハーブのハーブを使って、オリジナルソーセージを作ってみようという事になったそうです。


まずは伊豆沼農産の周りをガイド付きでお散歩する、ふっとぱすからスタート。
d0072903_08253080.jpg
d0072903_08254862.jpg
d0072903_08255018.jpg
d0072903_08255187.jpg

むかっち先生による鳥や地域の文化の解説を聞きながら歩きます。


d0072903_08260296.jpg
d0072903_08260569.jpg
d0072903_08261218.jpg
途中煮物とハーブティーで休憩。
d0072903_08262494.jpg
d0072903_08262062.jpg

帰って来てからソーセージ作り。
d0072903_08262828.jpg


7種のハーブを組み合わせて自分ブレンドを作ります。
d0072903_08263130.jpg
d0072903_08265187.jpg
d0072903_08265850.jpg
d0072903_08270212.jpg

できあがったソーセージはテーブルごとに試食しあって代表を決めて、代表のものを試食してチャンピオンをきめました。


最後は伊豆沼農産の豚肉とざおうハーブのモヒートでBBQ。
d0072903_08270672.jpg
もりだくさんな内容でした(^^)

ソーセージに入れるハーブをアレンジするだけでホントに味の幅が拡がって面白いですね。あまり豚肉に合せたりしないディルが個人的にはすごく良かったりしたし、まだまだ何かありそう。
ソーセージ作りましょうって提案はちょっとハードル高い気がするので、家庭でもできそうなつくねとかつみれとかとハーブを絡めた提案はアリかな~

ガイド付きでお散歩するふっとぱすも良かったですね。
うちの周りと似たような光景ではあるんですが、ガイドをしてもらうと全然別なものが見えてくるので、きっとうちの周りもそういう物語込で歩くとよその人からすると新鮮なものだったりするんでしょう。



【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2017-11-02 08:27 | ・食ネタ | Comments(0)
ノンアルコールモヒートのレシピ(画像は飲んじゃった後のです^^;)

【材料1杯350㏄くらい】
ライム果汁(お酒の割り材で市販されている)15㏄、シロップ10㏄、氷50g、炭酸水200㏄、ミントひとつかみ(2gくらい)

d0072903_10000932.jpg
【作り方】
1.ミントを軽くつぶしてグラスに入れる
2.ライム果汁を入れてマドラーでミントを丁寧につぶす
3.氷を入れる
4.炭酸水を入れる
5.シロップを加えてかきまぜる。

お酒を入れたい場合はホワイトラム30㏄ほど入れてその分炭酸水を減らしてください。



【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2017-09-29 15:27 | ・食ネタ | Comments(0)
ジャーマンポテトにローズマリーの風味を加えたものです。ローズマリーの代わりにタイムでもいけます。

【材料5人前】じゃがいも10個、にんにく2片、ブロックベーコン200g、ローズマリー2枝
d0072903_10000426.jpg

1.ジャガイモを厚さ1㎝くらいに切る、にんにくはみじん切り、ベーコンは1㎝幅に切る。
2.ジャガイモにラップしてレンジで5分加熱する。
3.ニンニクとベーコンとローズマリーを多めのオリーブオイルで炒める。
4.ジャガイモを加えて炒める。塩をふって味付けする。ジャガイモに火が通って表面に焼きめがついたら完成。
5.刻んだハーブ(イタリアンパセリ、セルバチコあたり)を散らす。


オリーブオイルににんにくとベーコンとローズマリーの風味を抽出してその油で炒めるイメージで作ります。




【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hiraqT | 2017-09-28 17:09 | ・食ネタ | Comments(0)
この間作ったエビとトマトスープのレシピ。

【材料(10人前)】エビの頭10個、にんにく2片、バター50g、玉ねぎ2個、トマト缶2缶、白ワイン200㏄、オリーブオイル、塩、タイム2枝、ローズマリー2枝、ローリエ1枚、水1500g(だいたい)

d0072903_10000794.jpg
1.にんにくをみじん切り、玉ねぎを粗いみじん切りにする。
2.エビの頭、にんにく、玉ねぎに塩をふりオリーブオイルで炒める。
3.玉ねぎがしんなりしてきたら白ワインを加えて煮立てて酒気を飛ばす。
4.トマト缶を加えて炒める。
5.トマトの水分とんでトロトロになったら、水を加えてローリエを加えてコトコト煮る。
6.塩味を加えて味を調整し、ローズマリー、タイムを加えて数分蒸らす。
7.最後にハーブ(ディル、チャービル、イタリアンパセリあたり)を散らす。


当日はローリエ持って行くの忘れて入れませんでしたが、入れた方が深みのある味になると思います。



【ざおうハーブホームページ】http://www.zaoherb.com/Facebookやっている方は「いいね!」お願いします(^^)【ざおうハーブFacebookページ】https://www.facebook.com/zaoherbハーブや園芸好きな人達で情報交換する為に、Facebookで交流グループ作っています。皆さんのハーブ情報の投稿お待ちしてます。【ざおうハーブ交流グループ】https://www.facebook.com/groups/398456173550781/にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

[PR]
by hiraqT | 2017-09-28 12:03 | ・食ネタ | Comments(0)
ジェノベーゼライス(ハーブ盛り過ぎて見えてない^^;)

d0072903_10000237.jpg

【材料(10人前)】
エビ10尾、イカ2ハイ、手羽元10本、玉ねぎ2個、にんにく6片、パプリカ2個、白ワイン200㏄、米1kg、水1kg、レモン1個、オリーブオイル、バジルペースト200㏄

【作り方】
1.米を洗ってざるにあけて水を切っておく
2.玉ねぎ、にんにくをみじん切りに、パプリカ、ドライトマトを1㎝幅に切る
3.イカのふをとって1㎝幅で切る。
4.エビの頭と足を切って、背ワタをとる。殻はつけたまま。
5.バジルペーストとオリーブオイルをひいて塩をふった手羽元を焼く。
6.イカとエビを加えて塩をふって炒めてイカとエビを鍋から取り出す。
7.ニンニクと玉ねぎを加えて塩をふって炒める。
8.白ワインを加えて煮詰める。
9.米を加えて汁を吸わせるように炒めてから水を加えて塩をふって煮る。
10.リゾット状になったらイカ、エビ、パプリカ、ドライトマトをのせて蓋をして弱火で20分炊く。
11.粉チーズをかけてハーブ(ディル、チャービル、セルバチコあたり)を散らし、お好みでレモン汁を絞って食べる。





[PR]
by hiraqT | 2017-09-27 12:02 | ・食ネタ | Comments(0)
料理を学びたい人が講師を呼んで料理教室をするこころみキッチンに、講師役で参加してきました。
いつもなんとなくで料理しているので、教えるってのもおこがましいと思うんですけど、ハーブを使ったこんな料理の方法もあるよって事を紹介できればなってスタンスでやってきました。

d0072903_09594226.jpg

d0072903_09594755.jpg

使うハーブはもりもりで。
フレッシュハーブは、イタリアンパセリ、ディル、チャービル、セルバチコ、パクチー、ミント、タイム、ローズマリー、ナスタチウムの花。
トッピング用ドライハーブに、バジル、セージ、ローズマリー、タイム、ディル、パクチー、イタリアンパセリ。

d0072903_09595381.jpg
d0072903_09595053.jpg
1時間半で料理を完成させるという事だったので、下ごしらえとか参加者の人にガシガシやってもらって、なんとか時間通りに完成。

作ったのはジェノベーゼライス、エビとトマトのスープ、ジャーマンポテトローズマリー風味、ハーブサラダ、ノンアルコールモヒート。

d0072903_09595709.jpg

長くなるのでレシピは別記事に書きます。

のんびり料理作るのはできるけど制限時間にできるかな?と不安でしたが、無事にできて良かった。
少しでもハーブの良さが伝わってくれたら良いな(^^)




[PR]
by hiraqT | 2017-09-27 10:34 | ・食ネタ | Comments(0)

蔵王のハーブ農家の日常です。(株)ざおうハーブ(http://www.zaoherb.com/)


by hiraqT